先日帰省した時のこと。

ストーブの前で暖を取る父親と猫。











「おーい」


















似たもの親子?w







どこに需要があるかわからないけど、久しぶりの(自己満足)車ネタw




先日スバルでレヴォーグ を試乗してきたのでうp(`・ω・´)
1.6Lと2.0Lの両方乗ってきたお(^ω^)

妻の次期車にインプレッサ を考えていたけど、もう少し大きいものも検討することにしました。


以前インプレッサを試乗した お店と同じです。
その時の営業さんや、(他店ですが)BRZを試乗した時 の営業さんは良かったけど、今回はやる気なさすぎてがっかりでした><

差がひどい(;´∀`)






試乗車は以下の2台。

・LEVORG 1.6 GT

・LEVORG 2.0 GT-S




※写真は1.6 GT


車名後ろの数字は排気量(1.6L / 2.0L)、

GTは標準的なグレード、
GT-Sはスポーティーなグレード


です(`・ω・´)ゞ



いずれもDOHC 水平対向4気筒エンジン、直噴ターボが搭載されています。
1.6と2.0でAWDシステムは違っており、2.0ではよりスポーティな走りができる・・・らしい(;´∀`)
試乗じゃその違いはわからずorz





1.6と2.0を比較すると、
2.0では装備が充実していたり、プレミアムガソリン指定になっていたりと、一般的な上位グレードの位置づけです。
アイドリングストップは1.6のみ。


GTとGT-Sを比較すると、
GTではシルバーステッチなのに対し、スポーティーなGT-Sではブルーステッチとなっている他、GT-Sではシートがセミバケに近い形状、またビルシュタイン製のダンパーが標準装備されています。


Proud Editionは装備は限られるけど、お買得モデルのようです。




インプと違い、全グレードでAWDです。


では1.6と2.0を比較しながら紹介していきますよ('∇')














インテリア


ドライバーズシート付近



1.6 GT








2.0 GT-S






GT : 本革巻きステアリング (シルバーステッチ)

GT-S : 高触感本革巻きステアリング (ブルーステッチ)



どちらも本革巻きですが、GT-Sの方が滑りにくい触感でした。
個人的には、普段乗りするならGTのステアリングでも十分かなと(´-ω-`)











メーターパネルに違いはなさそうでした。



ディスプレイ中央の表示は、ステアリングのレバーで切り替えできます。



画像は以前紹介したインプレッサ のものやけど、大体同じ(;・∀・)

詳しくはコチラの公式サイト で(詳しく書いてあるとは言っていない)。









シート


1.6 GT









2.0 GT-S





GT  : スタンダードシート (シルバーステッチ)

GT-S : スポーツシート (ブルーステッチ)




GT-Sのスポーツシートではサイドの張り出しがやや増えたことで、ホールド感が増し・・・気持ち増します(;^ω^)
過度な期待は禁物。
あくまで「スポーティーなパッケージ」と割り切った方が良さそう。








ドアパネル


1.6 GT












2.0 GT-S








GT  : ファブリック

GT-S : 本革?合皮? (ブルーステッチ)



ステアリングやシート、インパネのブルーステッチ可愛くて好きなんやけど、ボディカラーが赤やとどうなんかなぁ?
私はボディカラーとステッチは合っている方が好きなので、気になる(´・ω・`)


ちなみにWRX STI はステッチが赤なので、ボディーカラーがスバルブルーやとむむむ(´-ω-`)となります(ノД`)・゜・。









以前ポルシェでステッチカラーを散々悩んだ (挙句買わなかったw)私としては、オプションでもいいからステッチカラー増やしてほしいと思う所存です( ゚Д゚)








一応純正アクセサリーで「本革調フルシートカバー」なるものもあるけど・・・ちょっとねぇ(´・ω・`)













センターコンソール


1.6 GT












2.0 GT-S












ナビ周辺は変わりませんが、GT-Sではシフトノブ周辺は革になっています。
もちろんどちらも左右独立式オートエアコン。






電動パーキングブレーキ



ホールド状態でアクセルを踏むと、自動で解除されます。





マルチファンクションディスプレイはこんな感じ。






詳しくはコチラの公式サイト で(詳しくry)。




操作は赤丸で。











リアシート&
ラゲッジルーム





インプに比べるとやや広い。

実際どんなもんか調べてみた。

リアシートを起こした状態:
前後が約250mmレヴォーグの方が広い

リアシートを寝かせた状態:
前後が約270mmレヴォーグの方が広い

幅はレヴォーグの方が10mm広い





※インプレッサ スポーツ






またインプレッサではシートはフラットになりませんが、







レヴォーグではフラットになる点も良いですね。


画像お借りしました。









リアシートにもリクライニング機構がついています!∑(゜∀゜)
足元の広さはインプとどれくらい違うかわかりませんが、リクライニングのおかげでゆったりと座れる感じがしました。
でも足が組めるほど広くはないので、ちょっと窮屈な感じです。





リアシートを倒すには、シートについている突起物を引きます。








ラゲッジ側から倒すには赤丸の所にある・・・


HPより拝借。




このボタンを引きます。





ラゲッジ側からもシートを倒せるので便利ですね。






ちなみに我が家のフリードスパイクはというと・・・


HPより拝借。

シート上部のレバーを引く以外に方法はないので、ラゲッジ側からシートを倒すには一度乗り込む必要がありとてもめんどくさいです(´Д`)









走行インプレ


1.6 GT

まずは1.6 GTから乗ってきました(`・ω・´)ゞ

乗車は私と長男の二人。
妻と次男はお留守番(ノ∀`)


BRZ以外のスバル車は全部そうなのかわからんけど、
走行モードは「 I 」と「 S 」が選べ、

I(インテリジェントモード):燃費重視
S(スポーツモード)     :スポーティーな走り


こんな感じ。


先に「 I 」にして走ってみます。


アクセルを踏むとスムーズに加速してくれ、またグッと踏んでも素直に反応してくれる感じでした(ターボラグはあるにしても)。

街中なら割とストレスフリーで乗れるんじゃないでしょうか。

インプレッサの2.0L NAよりは走りやすいと思いました。




ただ多人数乗ってるとわからんwww
大人5人が乗ってるとモッサリする予感w
そんときは「 S 」モードにすればいいのかな?
そんな印象(´∀`)




足回りの具合もいい感じ!

硬すぎず、柔らかすぎず、曲がった時に変に不安定にはなりませんでした。

この辺は好みがあると思いますが、少なくとも私にとっては好感触♪

逆に単に日常の足として使うだけなら、ちょっと硬いかもしれません。
まぁ気に入らないならサスとかショック変えてもいいしね(;´∀`)









次は「 S 」モードを試してみます(・∀・)!

アクセルをグッと踏むと・・・

















グッと加速ヽ(*´∀`)ノ



1.6L + ターボ っていいね!∑(゜∀゜)

たぶん5人乗車で高速乗っても大丈夫じゃね?

やっぱり2,0L NAのインプよりは日常として使いやすいかな。

NAエンジン好きは微妙かもしれないけど(;^ω^)






インプレッサ試乗の時 も書いたけど、

低重心なエンジン(水平対向エンジン)のおかげでとても曲がりやすいです。


ミニバンは論外やけど、他のセダン等と比べても安定感はかなりありました。












2.0 GT-S

続けて2.0 GT-S乗るよー(´・∀・`)

シートのサイドは若干張り出してるけど、苦も無く乗り込めます。






1.6Lモデルの走行モードは「 I 」「 S 」の2種でしたが、
2.0Lモデルでは「 S# 」モードが加わって3種あります。

I(インテリジェントモード):燃費重視
S(スポーツモード)     :スポーティーな走り
S#(スポーツ・シャープモード):更にスポーティーな走り



エンジンはCVTですが、
「 S# 」では8段変速のATっぽく走れますよ、ということみたいです(更にレスポンスが上がるのかは謎)。
他のモードでもパドルシフト使えば同じなんですけどね(;・∀・)

パドルシフトを一度引くと疑似ATモードになり、
再度引くと疑似MTモードになります。



ちなみに私は疑似ATモードのせいで酔いました(ノ∀`)

普段MTとCVTしか乗ってないから、勝手にシフトチェンジされるとダメですね(´・ω・`)
自分の思ったタイミングでシフトチェンジしないので、体がガクンガクンなりました。

これは慣れが必要・・・。









GT-S限定装備

今回のグレードはGT-Sなので、GTに比してスポーティーなモデルです。

違いはHPやカタログにもあるから気になる方はどうぞ→(2.0 GT-Sへのリンク



簡単に列挙すると、

見た目要素
・ヘッドライトのブラックアウト
・ブルーステッチ
・サイドシル(ドアの開けた時に跨ぐ所)プレート追加

走り要素
・18インチアルミホイール
ビルシュタイン 製ダンパー
・スポーツシート
・高触感ステアリング
・アルミペダル



ほぼほぼターゲットは男性かなー?






というわけで、乗ってみる(`・ω・´)

まずは「 I 」モードから。

低速走行、加速性能を試してみましたが、もう十分ですね(;´∀`)

多人数乗車で余裕をもって走るなら「 S 」で良さそう。





せっかくなので2.0L限定の「 S# 」モードも試してみます。
エンジンはCVTですが、このモードでは8段階の疑似ATになります。

まぁ・・・市街地ではギクシャクしますよねぇ(;´ρ`)
山道とか行かないと真価は発揮できないでしょうし、機会があれば山を走ってみたいw



でも加速感は楽しめましたよ♪
YOUTUBEで見る限り、0-100km/hは約5.2秒。
WRX STIとそんなに変わらないのかな?

ちなみに
ボクスター2.7:4.7秒
エリーゼS:4.6秒
エキシージS:4.0秒

といった感じなので、0-100はスポーツカー並?
エリーゼSより早く感じたけど、気のせいか(´・ω・`)

0-100なんて目安のひとつやけど、何かの参考になればw





ただGT-Sの足は結構硬いです(;´・ω・)

日常の足として考えるなら、個人的にはナシかなーと。

山道とか走るならこれくらい硬くても良さそうやけど、それならもっと適した車があるし。


σ(゜∀゜は遊びの車と普段使いの車は分ける人なので、イマイチでした。








インプ試乗した時に「もうこれよりいいのない!」って思ったけど、私にとってはインプより良かったな・・・。

NAエンジンが好きな人、ラゲッジがこんなに必要ない人はインプのがいいと思いました(*゜ー゜)




ちなみに価格帯は

インプレッサ 2.0 (AWD) : 200万~

レヴォーグ 1.6 : 260万~

レヴォーグ 2.0 : 310万~








上記3車種で考えると、レヴォーグ 1.6が一番いいなーと思いました。

インプ 2.0と比べると、インテリアの質感、リアシートのリクライニング、出だしの良さ等々を勘案すると価格差+60万は納得できるな、と。







ということで試乗記終わりw
現状では妻の次期車はレヴォーグになりそうですw

と思ったら妻はインプのがいいらしい(´・ω・`)
















SUBARUレヴォーグまるわかりBOOK [ イリオス ]
¥880
楽天

ニューカー速報プラス 新型スバル・レヴォーグ完全版 (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス)/著者不明
¥780
Amazon.co.jp