宝塚劇場

テーマ:
6月30日、東京宝塚劇場にて観劇。
先月宝塚市にて観劇したAnother Worldとkiller rougeが大変楽しかったので、なんとかチケットを入手し、酷暑の中日比谷へ。



宝塚市では女子率98パーセントであったが、東京では97パーセント。自分含め1人の男性もちらほらいた。
落語ミュージカルと銘打った今回の公演。笑いの中にもメッセージ性が強く、自分はとても感慨深く鑑賞できた。
また、104期生の桜ルージュ。とくにラインダンスは親のような気持ちで応援。
友の会限定公演であったため、終演後は紅ゆずるさんの挨拶もあり、良い土曜日となった。

日比谷シャンテの地下で自分が物販に並ぶ姿を客観できたので、また折を見て出かけようと思う。

大厄払い

テーマ:
2017年も残すところ3ヶ月あまりとなったが、昨年の前厄払い以来何もしていないことが気にかかり、大阪遠征のついでにお伊勢参りをすることにした。
『ついでとは何事だ!』と天照大神に一喝されそうなので、ここだけのカミングアウトにしておく。
難波駅から近鉄に乗り、伊勢市駅まで。
外宮から内宮とお参りして廻った。
御朱印をいただき、メインテーマである大厄払い。
初穂料を昨年の5,000円から8,000円にアップしてお支払い。
{F7B7EE73-2717-4B1D-B5EA-E0CAC344E685}

{B5337EE4-15F7-4C63-9390-8B583010475E}

{1902E82A-FB4D-4B35-9F32-62B4C2BCFDF3}

{3E01DC6A-357F-4337-A168-9F40084A054A}

{E98C4EE8-ECFE-4061-8EF0-8ABFAFEE3DD1}

{2DC02A0B-5D24-4B4A-8343-C547316B6F11}

{F101D7CE-831C-4860-BEA4-5CE88979548E}


福岡の社長ご一行と自分しかいない中、無事お祓いを済ませ、お神酒をいただき、正宮まで参拝して伊勢神宮をあとにした。
台風が近づいていたせいか、昨年のそれよりは大幅に人間の数が少なかったが、さすがは随一であるなと厳かさにひれ伏した。
3年連続同じところに行かなければならないらしいので、来年はもう少し早めに来て、ゆっくりしたいなと思った。
これで少しは長生きできるとありがたいものである。
もちろん内宮さんには世界平和と自分の知り合いの多種多様なお祈りもしたので、ご安心を。