2020(令和2)年」10月17日(土)、冷たい雨が降りしきり、初冬の様な寒さの中、「船橋グルメ会」の会合で、今年の1月にオープンしたばかりの江戸前寿司の「鮨しばかつ」さんに行ってきました。

 

 

お品書きは、おまかせコースのみです。予約は開店時間の17時からです。

 

 

 

ウーロン茶と生ビールはキリンです。 (全ての写真はA女史の提供です。Photography  by Ajoshi)。

 

 

 

まずは、つまみから。1品目、茹で落花生と大好物の銀杏です。

 

 

 

2品目。ホッキ貝のオイル漬け。藁で香りを付けているそうです。(写真なし)。これが美味くて酒のペースが上がりました。

 

 

 

 

 

3品目、イクラ。

 

 

 

生ビールの後は、独楽蔵(こまくら)を冷やでいただきました。

 

 

 

4品目。きのこ茶碗蒸しです。熱々で身体が暖まりました。

 

 

 

5品目。白子(タラ)の塩焼き。濃厚でした。

 

 

 

宮崎の芋焼酎・杜氏潤平を水割りで。紅芋の優しい香りと甘味が良いです。

 

 

 

6品目。鰆(さわら)の漬け焼き。どれも美味くて酒が進みます。

 

 

 

握りがスタートです。まずは中トロ。

 

 

 

甘鯛。(写真なし)。

 

 

 

 

旬のサンマ。

 

 

赤身。

 

 

4杯目は、丹澤山を。

 

 

大トロ。

 

 

コハダ。

 

 

ホタテ。

 

 

5杯目。山形の鯉川。

 

 

 

車海老。

 

 

 

イクラ。

 

 

 

 

ウニ。

 

 

穴子。

 

 

6杯目。米焼酎の武者返し。いつもは3杯ですが、何故か酒が異様に進みました、、、、。

 

 

 

かんぴょう巻き。

 

 

玉子焼き。

 

 

 

最後に追加で穴子を頼みました。

 

 

今までで1番美味い四角いガリ。大将曰く、作るのが大変との事でした。美味いはずです。

 

 

 

お茶をいただいて、美味い鮨を堪能して、十何年ぶりで酔っ払って千鳥足で帰宅しました。

 

 


にほんブログ村