ゴッホ カラー 黄色と青 | 西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画鑑賞をもっと楽しく!絵の意味が分かる!

 

秋は、いつの間に終わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

駅に向かうときに、前を通り過ぎる

 

このイチョウの木を見るたびに、

 

 

 

画家ゴッホの作品 を連想します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これとか、

 

 

 

「収穫の休息」ゴッホ  1890年 オルセー美術館

 

 

 

 

 

 

 

これとかね。

 

「ゴッホ の寝室」1888年 オルセー美術館所蔵版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青と黄色は、色相の順に円状に並べた時、

(色相環)

 

反対の場所に位置します。

 

 

 

 

 

 

お互いがお互いを引き立てあう

 

色の組み合わせ(補色)で、

 

 

 

 

 

ゴッホ の作品には

 

この色使いが多用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

微妙な色味の差で、

 

見た目の印象として、ギラギラしたり、

 

チカチカしたりするのですが、

 

 

 

 


ゴッホ の絵に使われる青と黄色は、

 

 

 

秋の空を背景に

 

 輝くイチョウの葉のように・・・

 

 

 

 

 

まぶしく引き立て合いながらも

 

穏やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇関連記事

 

>緑と水の癒し効果(モネの色)

 

 

 

イチョウイチョウイチョウイチョウイチョウイチョウイチョウイチョウイチョウイチョウ

 

 

 

 

このブログを

 

いつも見に来てくださる方は、

 

 

まずは、無料配信の

 

メルマガでお待ちしています!

 

 

 

 

 

これまでを振り返って

 

 「もう少し、絵の意味が分かったら・・」

 

 と思ってきた方や、 

 

 

 

 

絵画の見方というものが

 

どうやったら分かるかを

 

 

そもそも疑問に思っている方向けです。

 

 

 

 

 

鑑賞のヒントをいくつか

 

得ていただけるよう、

 

 

ブログ記事より、

 

もう一歩 踏み込んで書いています。

 

 

 

▽ここから

 

ルーヴルの魔女からのご案内(メルマガ登録フォーム) 

 

(解除も自由です) 

 

 

弊社で開催する講座のご案内も

 

お送りします。 

 

 

 

 

執筆:内田ユミ