巡礼者からのお手紙(1年後ご感想) | 西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方をお伝えしています


テーマ:

 

 

オンライン講座「絵画巡礼」の巡礼者の皆さまから

 

いただいたアンケートをご紹介します。

 

 

 

 

★「絵画巡礼」とは、

 

絵画に接する時間を「モヤモヤするもの」から、

 

 

快感を伴う経験に変えたい方のための

 

ネット配信サービス(オンライン講座)です。

 

 

 

 

 


(1)主な視聴機器はなんですか?

 

 PC(Windows)


(2)動画視聴方法は?


 ダウンロード保存して再生


(3)最もお気に入りコンテンツは?


 今日の絵画


(4)2番目にお気に入りコンテンツは?


 yumingの絵画のヒミツ


(5)最もお気に入りセミナー映像は?


「絵画の謎を解く アトリビュート」1st-stageの第5回


(6)2番目にお気に入りセミナー映像は?


「線で描く 面で描く」2nd-stageの第2回


(7)ほかご感想など


「今日の絵画」が毎日送られてくるのが良かったです。

絵画解説の切り口もいろいろあるんだなぁ、と思って読んでいます。

お気に入りの2番目は「yumingの絵画のヒミツ」と「yumingの福音書」で迷いました。

 

 

 

 

>2番目は絵画のヒミツと福音書で迷った

 

ここ、ものすごーく嬉しいです。

 

 

「今日の絵画」と「パーフェクトプログラム」は

よくご感想をいただくのですが、

 

「ヒミツ」と「福音書」は、純粋な絵画解説ではないところに

価値を感じていただくものだからです。

 

どうもありがとうございます!

 

 

 

 

(*ご入会のタイミングにより

配信コンテンツの中に、「絵画のヒミツ」が

含まれていない方もいらっしゃいます。

半年後更新時に、ご希望をお聞きします)

 

 

 

 

 

 

 

(1)主な視聴機器はなんですか?


 PC(Mac)


(2)動画視聴方法は?


 ダウンロード保存して再生

 YouTubeで再生


(3)最もお気に入りコンテンツは?


 パーフェクトプログラム


(4)2番目にお気に入りコンテンツは?


 今日の絵画



(5)最もお気に入りセミナー映像は?


「見えるものを描く 見えないものを描く」2nd-stageの第4回


(6)2番目にお気に入りセミナー映像は?


「絵画の謎を解く アトリビュート」1st-stageの第5回


(7)ほかご感想など

 

あっという間の一年でした。西洋絵画は想像以上に面白い世界で巡礼メンバーになって本当に良かったです。今まで自分が何も分からずに絵を見ていたことが悔やまれますが、逆にこの年齢になってから、ここまで自分が熱心になれたこと、西洋美術史もですし、絵画巡礼に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ユミ先生。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

「見えるものを描く 見えないものを描く」も

意外と上位に来るのですが、

最後に配信していることも関係あるでしょうか。

 

「アトリビュート」は安定して上位にあげていただいています。

 

 

こちらこそ、絵画巡礼を広いネットの海から

見つけ出してくださり、どうもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)主な視聴機器はなんですか?


 PC(Windows)


(2)動画視聴方法は?


 ダウンロード保存して再生


(3)最もお気に入りコンテンツは?


 今日の絵画


(4)2番目にお気に入りコンテンツは?


 パーフェクトプログラム


(5)最もお気に入りセミナー映像は?


「宗教と建築」1st-stageの第6回


(6)2番目にお気に入りセミナー映像は?


「角度で語る世界」2nd-stageの第3回


(7)ほかご感想など

 

いつも楽しいメールをたくさん送ってくださりありがとうございます。

yumingの福音書の影響で、月にも興味を持つようになりました。

これからも先生からのメールを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

メールは、多め(読みきれないくらい)をめざして

送っていますので

そうおっしゃっていただけて嬉しいです。

 

絵画以外にも、興味を広げるきっかけに

なれていれば幸いです。

 

どうもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

**********

 

 

 

お時間をとってアンケートにお答えいただき

どうもありがとうございます。

 

 

 

「絵画巡礼」一巡後のアンケートに

お答えいただいたメンバーには

 

特性一覧表をプレゼントしています。

 

 

A4用紙1枚に、

あるジャンルのデータをまとめたものです。

 

専門書にあたっても、そうそう見つからない一覧です。

 

(→見つからないから、自分でまとめた)

 

 

 

 

この記事を読んでいる

フォームリンクを持っている方(メンバー)は

 

ぜひ受け取ってくださいね。

 

 

 

 

**********

 

 

 

 

西洋美術史は、

「すぐ分かる〜〜」「早わかり〜〜」のような

 

 

まとめ書籍やネット記事を

 

さらりと読んで完結する世界ではありません。

 

 

 

(*とりあえず、そういう知識が有効なことはあります)

 

 

 

 

 

 

ある程度の期間をかけて少しづつ、

 

でもじっくりと、

 

絵画と接し続けていける環境が必要です。

 

 

 

 

 

自分一人で作り出すのが困難と思われる環境を

 

「絵画巡礼」を通してご提供します。

 

 

 

 

ある程度の時間をかけて、外枠をつくり、

 

丹念にピースを埋めていくイメージでお送りしています。

 

 

 

 

 

ですので....、インスタントな知識を求める方には

 

「絵画巡礼」は向きません。

 

 

 

 

 

そうではなく、

 

 

 

>絵のことをもっと知っていたらよかったのに

 

 

>美術展に行っても、見たものをまったく覚えていない

 

 

>見方があることは 知っているけれど、

 どこから手をつけていいか、分からない・・・

 

 

 

 

のように 思ってきた方には、

 

かなり お役に立てると思います。

 

 

 

>オンライン講座「絵画巡礼」

 

 

 

(お支払い方法で、12回分割も復活させました!)

 

 

 

 

制作・講師:内田ユミ

 

 

 

 

内田ユミ(ルーヴルの魔女)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス