会場について_完全個人レッスン(西洋美術史) | 西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方をお伝えしています

 

西洋美術史のプライベートレッスン会場は、


都内のホテルラウンジ、または、

小スペースのセミナールームを利用します。





==============
パーフェクトプログラムとは?

==============

 


古代から、18世紀後半までの西洋美術史の


主だった流れをお話しします。
 

 


誰も教えてくれなかった、絵画の見方、


西洋美術の楽しみ方のエッセンスを抽出して


全6回にわたって伝授します。



現在都内会場にて実施している

 

西洋美術史パーフェクトプログラム(第4期)

 

個人レッスンバージョンです。

 

 

 

決まった日時に、都内会場にお越しになるのが難しい方、

 

動画配信ではなく、講師から直接聞きたい方、

 

再受講希望の方などから、お申し込みをいただいています。






==============

 会場について

==============

セミナールームの場合は、


◎静かで落ち着く

◎テーブルとイスが、ノートを取るのに適している

◎モニターを使って講義できる


などの利点があります。




 

 

若干、気になることといえば、

 

 

少人数向けのお部屋で

 

2時間以上をご一緒することになるため、


第一回目は、少々緊張感が漂うように思います。




***



一方、ラウンジの場合は、

私のノートパソコンと、

印刷したレジュメを使いながら、レッスンを行います。

 







私のノートPCは、スクリーンとして使うには、

 

やや小さめではありますが、

 

 

 

画面は、講義内容の補足として見ていただくものなので、

 

それほど問題はないかと思います。

 

 

(実際、このスタイルで、今までも受講していただきました)




また、周囲に多少のざわつきはありますが、

「話を聞くあいだ、周囲の音は全く気にならなかった」

というご感想をいただきます。





 

何より、美味しいコーヒーや紅茶をいただきながら、

 

ゆったりとしたソファで

古代の神話や、絵画の話をお聞きいただく時間は、

 

 

優雅で、非日常的な体験として、

 

楽しんでいただけるかと思います。





 




セミナールームは、小さいながらもモニターを使えるし

 

話も聞きやすいかと思うのですが、



ラウンジには、

セミナールームで行う講義とは、違った趣があります。




どちらにも、それぞれオススメポイントはあるので、


初対面となる1回目は、ラウンジで実施、


2回目以降は、お選びいただきます。





ただし・・・、

ラウンジは、基本的に、お席だけの予約ができないため、

混雑が予想される、週末午後のレッスンの場合は、

セミナールームを手配します。

 

▶︎プライベートレッスンの様子


 

 





◎ご案内ページ
▶︎完全個人レッスン(募集要項)

 

 

 



前回の募集の際、悩んだ末にお申し込みを見送った方、


前の募集時は、何も感じなかったけど、

今、なんだか妙に気になる方・・



お問い合わせなどございましたら、

こちらのフォームからお願いいたします。








▼ご案内・お申し込みページ
西洋美術史のプライベートレッスンの全6回講座




ご縁のあるあなたと

お目にかかれるのを楽しみにしています。



講師:内田 ユミ

西洋美術史パーフェクトプログラム 主宰

オンライン講座「絵画巡礼」制作・運営

内田ユミ(ルーヴルの魔女)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス