大変受講しがいがありました(セミナー感想) | 西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方をお伝えしています


テーマ:

昨日(7月3日)実施の


西洋美術史パーフェクトプログラム
第4回「バロック・ロココ・近代絵画の幕開け」に

 

ご参加いただいた方からのご感想を紹介します。

 

 

本日の講義は大変受講しがいがありました。
内田先生も大変だったと思いますが、流れが理解でき大変良い時間を過ごせませたし、今後の勉強の軸が出来たと考えております。


最近目先では、ギリシャ神話とアトリビュートばかりの勉強で、狭い範囲となっていました。

帰りの新幹線の中で本日のレジュメを見ながら反省した次第です。
次回も楽しみにしております。よろしくお願いいたします。
(F様)

========================


本日初参加の(I)です。
絵画を鑑賞するうえでとても勉強になりました。
自宅にある西洋絵画史をよみかえすと、今まではよくわからなかった事柄が少しずつではありますがみえてきました。
ありがとうございました。
(I様)

 

========================


今日もありがとうございました。
今日もメッチャ盛りだくさん!!
いつも以上にユミさまの気合いが感じられました。


・ローマの法ありがとうございました~

・以前お話があったかもしれませんが、受胎告知ってガブリエルは左側が多いんですね~

・バロックの地域による違いは、その地域がプロテスタントだったのか
カトリックだったかによって違うのか!とずっとちょっと疑問に思っていたさわりの部分に触れた感じです♪もうちょっと自分の中に落としこみたいところです!

・チューリップバブル何それ!と食いついてしまいました。私、学校のクラス選択の組み立てのしかたが悪かったのか、世界史を一切やっていないのです。。。

・他にも今回はいろいろ、あ!と思ったこともございます~。やっぱりこの回はこれぐらいしっかりやっていただくと、いい感じです!
(K様)

 

 



ご感想有難うございます!


▶︎別の方の感想:とても納得してしまいました 他


*** *** ***


・今期 毎回参加されている方、
・初参加の方、
・前期からのリピート受講の方と、


受講される方それぞれの世界に響く内容になるよう、
多層的に お話ししています。



ご興味を持たれた方は、ぜひ一度お越しください。


過去に受講したことがあるという方も、

「再受講」は、違った面白さがあるということですので、
ぜひまたおいでくださいね。


*** ***

 

 

「西洋美術史パーフェクトプログラム 1st-stage」

 

 

次回以降の予定


・8月6日(土)絵画の謎を解くアトリビュート

・9月4日(日)宗教と建築


▶︎講座についての詳細はここから


内田ユミ(ルーヴルの魔女)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。