不思議な話(相の浜)

テーマ:

blog 布良・相浜の漁村日記










相の浜漁港の近くに住む安田千代さん(ひょうでみどん)88歳の話。

この地蔵様は古くからあったんですよ。もしかしたら百年たっているかもね。

私が娘時代に年寄りがこのお地蔵様を浜じゃこわいからおかにうつしたいがなんせ重たくてねと。

そこで私がね”お地蔵様しっかり、つかまってらっしぇ”とお地蔵様を抱いたら、

こらゃまた不思議、すげーおんもてい(重たい)地蔵様がちゃかり私に抱かれたんだ。

そしてね私が今のところへえっこらしょと移したんだよ。

その時に年寄りが

 「きみょうちょうらい あわしまの いわをきざみし いわやにて富士見地蔵と新たなる」と唱えた。


 それが今もうたい継がれ、地蔵様の日(8月24日)には鐘をたたきながら三回繰り返しとなえるんだよ。


この地蔵様は別名いぼとり地蔵といわれこのなかの灰で、いぼをさするといぼがとれたと

昔の人はよくお参りにきたもんだよ、と話してくださいました。

今はブロックで造られたお堂の中で真っ赤な頭巾と前垂れをかけ

誰がとりかえるのかいつもきれいな花やあすなろがあげてありますよ。