新しいタイプの夫婦鶴は、横並びで手と手を取り合って前に進んでいくような形になっています。

 

 

腕を捻転させるかのように羽をねじって、左右の鶴がつながっているのです。

 

この折り鶴の羽根を広げる前の状態は、上下にさかさまにくっついています。

 

 

この状態から、わずかにくっついている紙をちぎらないように上手に広げる方法を、動画に撮ってみましたのでご覧ください。

 

 

ポイントは、左右の鶴の羽をしっかり親指と人差指で押さえた上で、羽をねじって型をつけることですね。