日本人とユダヤ人と小室圭 | 誰もが心に日の丸を

誰もが心に日の丸を

英霊を顕彰しよう。私達も、祖国を守ろう。

日本は一家。日本人は皆、兄弟。
一刻も早く、拉致被害者全員を取り戻そう。
さあ、新憲法を制定しよう。
前文、9条を潰そう。
日本を 名目上から、実際の独立国へ。
『戦後』に負け続ける祖国を 私達が止めよう。

 

 小室圭って、本来、結婚できない男だと思う。

 してはいけないと言いますか。

 酷い男だよ。

 普通、流れる話だよ。

 

 

 

 いつかの下書きのままだった記事を。

 平成に、読んだ本の一冊。下差し

 

日本人とユダヤ人

 

 上差し 帯の、山本七平 氏の顔が好い。

 また、帯に、安全と水が無料。と、あるけど、例の、あの言い回しは、この著書が流行らせた。

 

 『 日本人とユダヤ人 』

イザヤ・ベンダサン 著 

山本七平 著 

 

 面白かったので、紹介しようと思って。

 色々、装丁違い有り。

 リンク先のレビューが、熱い。下差し

 

 

 

 上差し下差し 二つは、同じレビューが出る。

 

 

 

 

 

 

 

 読むと良いと思うけど。

 賛否両論あり。と、言うより、頭が真っ赤っかで無ければ、面白かろう。

 リンク先のレビューは、皆、真面目。

 羨ましい。

 

 

ニ

 

 

 残念なのは、私が読んだ『日本人とユダヤ人』は、一部、差別的表現を直してるらしい。

 元々、私が生まれた1970年に出版された本だから    だけど、勿体無いと思います。

 それも、作家の死後。詰まり、勝手に。

 しかし当時、イザヤ・ベンダサンの著作として出版されたのが、山本七平と直されたのは、良いと思う。

 勝手かな、言い分。

 

 

ホ

 

 

 イザヤ・ベンダサンこと山本七平氏の、この本による功績は、日本教なる言葉と概念の提示だ。

 日本人は皆、日本教の信者で、それは、もう、信者である事も、宗教である事も、気付かない程だと。

 敗戦して、占領されて、改憲させられて、外面だけ独立して。

 

 

ヘ

 

 と、下書きは、ここまで。

 最後の一文を消せば、まだ全体が通るのだが。

 これもそれも皆、小室圭が悪い。

 

 

ペタしてね