支那クオリティー | 誰もが心に日の丸を

誰もが心に日の丸を

英霊を顕彰しよう。私達も、祖国を守ろう。

日本は一家。日本人は皆、兄弟。
必ず、拉致被害者を取り戻そう。
現憲法は邪教。
新憲法を制定しよう。前文、9条を潰そう。
日本を 名目上から、実際の独立国へ。
『戦後』に負け続ける祖国を 私達が止めよう。


テーマ:

 

 

 BGMに成るかな。

 

 

 

 

 

 それでは。

 

 

 

 

 安倍政権を追及する、マスコミに野党に市民の振りの活動家、皆、かの中国品質、中国基準。

 スリなのに、痴漢と誤るぐらい、雑。

 

 

 

 

 

 

 支那から貰うのは、金だけにして、もっと良い工作しな。

 

 

 

 

 

 

 さて、ところで、かつての元寇は、なぜ、日本にまでも、やってきたのでしょう。

 強い軍隊、戦争上手が原因なら、海が勝因を崩す、日本には来なかったでしょう。

 彼等は、信仰に基付いて、すなわち儒教に基付き、攻めてきたのです。

 その理屈は、王が善政を行えば、王は天子と成り皇帝として天下を治めて、支配域は、どんどん広がっていく。

 それを悪政に苦しむ周辺国の民は、早く攻めてきてと心待ちにしている。

 

 

ドキンちゃん パステル

 

 

 困ったことに、現在の習近平氏の考えも同じで、更に、日本の少数ながら目立つ方々は、それに裏打ちを与えてしまってる。

 

 

水彩画

 

 

 ここで、かつての孔子や、他にも賢者は、見込みある王に取り入って、政府のブレインに成りたがった。

 民衆の救済は、治政でしか、達成されない。

 民衆は小人であり、愚民であるのを許される。

 そうして、政治は勝ち組の民族、立派な大人が行う。

 これが、儒教が生まれる、支那大陸の道理。

 

 

ドキンちゃん

 

 

 残念ながら、今でも、中国の政治家の発言は、虚しく立派で、見掛ける中国人は、やはりどこか雑で下品。

 人の道として、間違った設定の因習に、中華は、この先もずっと、引き摺られると見られる。

 

 

水彩画

 

 

 以下、全く別の話。

 この時期、白いふわふわのスカートを履いた女性を見掛けますが、下着が透けて見えてますよね?

 まあ、ジーンズであっても、下着の柄ぐらい認識できちゃう時もあるけど。

 でも、あの、白いスカートは。

 下着が認識できちゃうのは、やっぱりまずいよね。

 

 

 

 

 以下の記事では、論語に言及。

 


 

 

 それでは。

 

 

 

 

 

 

ペタしてね

『 日本は一家 』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス