今年に入ってからブログのコメントにエロスな奴がひっきりなしで、消しても消しても書きやがるの。エロス業者が。消しても消しても。オティムティムとか書きやがンの。人様のブログのコメント欄に。卑猥なヤツを。


で、もう諦めて半ば放置しておったんだけれども、知人に、「君、一応中学生の読者もいる恋愛小説家と言えないコトもないかもしれないんだからちゃんと消しなさい」と言われて、確かにうら若き読者のお目汚しになってしまっては困る。て言うかボクがむしろエロス万歳みたいに思われても嫌だ。不本意だ。と思ったのでコマメに消す事にしたよ。戦うよ。エロス業者と。



それはさておき、またポチポチ仕事絡みの情報が出てきてるので一応、お報せとか。



今月号の「刃-JIN- 」の巻末にて、来月掲載の読み切り「月吼」の告知がされております。

井上さんのカットもあって大きい扱いなので嬉しいなァ。

是非、チェックして、来月号は購入の上、アンケートとか送って下さったらなお嬉しいなァ。


それから今月27日、「デビルメイクライドラマCD 」のvol.2が発売。

今回はシナリオ監修で、書いてるのはボクの知人の脚本家さん。


ゲーム本編のデビルメイクライ4は全世界200万本出荷だそうで。すげェなァ。こんな事ならロイヤリティ契約にしとけば1本たり1円としても200万円! うは! などと思ったのだけれどもシナリオ書いた時点では社員だったのでそんな契約にできるわけもなかったのだった。ビンゴがっくし。



まあ、そんなこんなでボクは戦い続けるのだ。相手は主にエロス業者と自分の怠惰さ。



部屋の掃除が終わらない……。

AD

歯を抜いた。

最後の親知らずである。


前回の親知らずの際には、歯がなかなか抜けず、大学病院にてお偉い先生方の晒し者になるという憂き目に遭った。その前は大阪の歯医者に、「来週抜くから」、と言われて翌日帰郷したら激痛が走り、結局広島の歯医者で抜いた挙句、広島の歯医者に、「こんな歯をあと1週間も放置しておくなんてありえんわ!」、と罵られた。


どうもボクは、歯については不運と言うべきなのかもしれぬ。


そこで今回は地元の評判良さそうな歯医者を厳選し臨んだのであるが、抜歯にあたって麻酔をしたら、この麻酔が全然効かないの。麻酔何発も打たれた後で、歯を引っこ抜くんだけれども、どう考えても痛いの。


ほんで、「いたいれふ」と主張したら麻酔を足され、それでも痛いので、「いたいれふ」と主張したらさらに麻酔を刺され、もうそんなんならいっそ全身麻酔にして欲しい、と思った。


挙句の果てには、「ちょっと別のとこに麻酔打つわ」、みたいな展開になって、歯を削られ始め、これがまた、死ぬほど痛いのである。怖くて目を閉じていたし、確認もしなかったのだが、どうやら歯に穴を開けてそこに注射するという工程らしくて、歯を削られる痛みに堪えながら、この痛みを我慢するより、抜かれる痛みを我慢していた方がナンボかマシだったのではあるまいか、などと考えていた。


そんなボクの思考などに気付く様子もなく歯医者は、終始、「あーい、ごめんよごめんよ、チクッとするけど、あーい、ごめんよごめんよ」という発言を繰り返し、歯科助手のお姉さんは終始微笑んでいた。


その後、滅法痛い麻酔を打たれ、その甲斐もあって抜歯には何の痛みも伴わなかったが、術後のボクは明らかにしょんぼりとしており、院内は若干の苦笑に溢れていた。


ボクだってなあ、28にもなって歯医者でギャーギャー言いたくないんだよ。

抜かれたところで、ほへーん、あ? 抜きました? くらいのスタンスを保ちたいんだよ。


でも無理。痛いから無理。

なんか、ボクの時だけやたら痛い気がしてならない。


とは言え、これで親知らずなくなったから抜歯とも卒業だ……たぶん……。

もうこんな痛い目に遭わないですむよ……。



早くなんでも食べられるようになりたい。

今、ほとんど離乳食。

AD

気が付いたら、「Devil May Cry 4」の発売日が過ぎてた。


ああ、出たんだァ、と他人事のように思っている自分がいる。

カプコン在籍時に1年、カプコンを退職してから1年半、何だかんだで関わり続けた。

その間にアニメの脚本を書いたり、ドラマCDの脚本を書いたりもした。

長かった。本当、長かった。


カプコンを辞めてから週数度の出社をして開発現場を見てきたけれど、もうこのゲームは永遠に完成しないんじゃないかと何度も思った。或いは完成してもグッダグダになっちまうんじゃないかとも思った。


でも、やっぱ、カプコンの皆は凄ェなァ、と思う。

完成してんじゃーん。超面白くなってんじゃーん。と思う。


みんな、こぞって買うといい。

1家に2本くらいの勢いで!


カプコンの皆さん、お疲れ様。

いろいろありがとうございました、っちゅうような事を、ようやく言えるような気がします。



と……こういう事を書いとくと、また仕事くれるかもしれないから、書いてみました。

と……いう事を書くのは照れ隠しみたいに思って貰えれば。



そんな感じで、お疲れ様。

AD