悩み、絶望している相談者さんの

心の中に光を見つける。

 

そして、自分の光に気づいて

いただく。

 

それが私のカウンセリングが

目指していることです。

 

 

さて、カウンセリングとは

関係ないように思える絵の話をします。

 

これがカウンセリングと

つながっていきますので、

最後までお読みください。

 

私は4月からパステル画を習い始めました。

 

私が目指しているのは

精神を病んでいないゴッホ

 

 

随分、大きくでたな(*^.^*)

まあ、目指すのは自由なので、

笑ってください。

 

ゴッホは、日本の浮世絵を見て、

「ジャポンは、影ができないほど、

光に満ちた国なのだ」

と思いました。

 

そして、影のない絵を描き始めます。

 

彼の絵からは影が消えましたが、

彼の心の中の影は、

ますます濃くなっていきました。

 

ゴッホは、自分の耳をナイフで削ぎ、

腹を拳銃で撃って自殺してしまいます。

 

 

色には明度があります。

同じ色ならば、

白が混じるほどに明るくなり、

黒や茶色を混ぜると暗くなります。

 

ですから影を描くには、

同じ色に黒や茶色を混ぜていくのが基本です。

 

別の方法で影を描くこともできます。

 

下の写真を見てください。

その下は、同じものを白黒コピー

したものです。

 

色の明度は白黒コピーすると分かります。

 

 

オレンジよりも青や緑のほうが

白黒コピーすると

色が濃くなっていますよね。

 

ですから、オレンジ色の物の影に

青や緑といった

鮮やかな色を使うこともできるのです。

 

実際ゴッホは、そのように絵を描いています。

 

でも彼は、影を消すために

鮮やかな色を使っていた。

 

それがもし、

影の中にある彩りを描こうと

していたならば、

精神を病むことはなかった

のではないかと思うのです。

 

 

闇と共存する

温かで美しい光。

 

光と共存する

色鮮やかな影。

 

人の印象を決めるのは、

本人が自分の長所だと

思っているとことではなく、

短所だと思っているところ

であることが多いものです。

 

同じく人は

長所ではなく

短所によって愛されます。

 

絵の美しさを決めるのも

光の部分ではなく

影の部分であるように思います。

 

光が当たっている部分は

白色を使うしかない。

 

それに対して影の部分は、

黒や茶だけではなく、

明度の低い鮮やかな色を

使うこともできる。

 

 

これからも私は、

美しい影を描いていきたい。

 

そして、人の中の影の美しさを

見つけていきたい。

 

7/1(日)登録〆切

            

■無料動画セミナー

『人生が変わる心理療法3つの秘訣』

次のことが学べます。
◉ 日常生活で使える心理技法3つの要素
◉ 「癒し」をもたらす方法
◉ 人生を変える5つのポイント
◉ 「許し・感謝」をもたらす2つの条件
◉ 「暗記するのではなく理解する」大人の勉強法

 

↓ご登録はこちらから↓

人生が変わる心理療法 無料動画セミナー

 

本当の「問題」に気づき

本当の「望み」を知る

矢野惣一のグループカウンセリング

 

頑張りすぎてぶっ倒れてしまった人が

次のステージに進むために

 

・7/7(土)大阪

・7/8(日)東京

・8/18(土)札幌

 

多くの一流カウンセラーを生み出してきた

矢野惣一の技を体験してみてください。

 

詳細はこちら↓

愛と感動のグループカウンセリング