「何もしなくても、

わたしには価値がある」

 

「嫌なことはしないで、

好きなことだけすればいい」

 

これらを、自分を愛すること

大切にすることだと

思っていませんか?

 

もし、そうなら

残念ながら、あなたは

自分のことを愛していません。

 

 

今回は
「自分を甘やかす」と
「自分を愛する」
の違いについてお伝えします。

 



自分に甘い人は、
現実を見ずに妄想を抱く。

 

その妄想は実現不可能
だということに気づいているので、
挑戦しはしない。

 

努力しない、

頑張らない。


挑戦しないで、現実逃避する。

 

妄想を抱き続ければ、
自分の頭の中では、
ヒーロー、ヒロインで
居続けることができる。


けれど、それでは現実は変わらない。
相変わらずダメな自分がいる。

それを見ないようにするため、
「わたしは、何もしないでも
価値がある」

と自分に言い聞かせる。

しかしそれは、
自ら成長のチャンスをつんでしまう
ことになる。


自分を愛している人は、
事実に目を向け
自分が完璧でないことを受け入れる。

 

自分の現実を受け入れたうえで、

自分の可能性を見出し、

今の自分にできることを
コツコツと積み重ねる。


失敗しても

長く自己嫌悪に陥ることはなく、

改善策を考えて実行する。

 

そして、いつの間にか
ゴールにたどり着いている。

 

自分に甘い人は、

他人には厳しい。

 

悪いことが起きると

他人のせいにして、

自分は何も改善しようとしない。

 

 

自分を愛する人は、

他人も愛することができる。

 

他人の可能性を信じ、

失敗したときも

改善策を提示する。

 

 

子育てと同じですね。

 

甘やかされて育った子は、

他人のせいにして、

自らチャレンジすることをしない子

になってしまいます。

愛されて育った子は、

他人にも優しく

チャレンジし続ける子に

なります。

 

 

その人が、自分を

甘やかしているのか

愛しているのかは、

自分や他人が失敗した

ときの反応で分かります。

 

 

自分を甘やかすのではなく、

自分を愛したい人は、
グループカウンセリングを

受けてみてください。

 

本当の「問題」に気づき

本当の「望み」を知る

矢野惣一のグループカウンセリング

頑張りすぎてぶっ倒れてしまった人が

次のステージに進むために

・8/18(土)札幌

多くの一流カウンセラーを生み出してきた

矢野惣一の技を体験してみてください。

 

詳細はこちら↓

愛と感動のグループカウンセリング

 

■無料メルマガ■

矢野惣一から濃~いメールが毎日届く

元気になって、暖かな気持ちになれる。
潜在意識の使い方&仕組み

『心も懐も豊かになる潜在意識の使い方』