マナーに“お上品”は不要です | 従業員教育応援ブログ

従業員教育応援ブログ

社員、スタッフの教育が企業を強くする!
印象アップで集客アップ?売り上げアップ?? そんなヒントがここにあります!

※またまたビジネスマナー無料ミニセミナーを開催します

■日程:2021年9月28日(火) 20:00~21:30

■ZOOM無料講座

 

【無料・オンライン】90分&自宅で学べる!転職が成功する自分になる!!ビジネスマナーの基本講座

 

===================================================

こんにちは。オフィスチャーリの花井です。

 

「ビジネスマナーの講師をしている」と言うと、

“お上品な方”とイメージされる方がいらっしゃいます。

 

以前から何度も、このブログでも書いていると思いますが、

マナーというのは上品ぶるものでもなんでもなく、

 

「相手に対する思いやりや心遣いを言葉や態度に表したもの」

 

とお伝えしています。

 

上品ぶると先ほど書きましたが、

上品なことは素敵なことだと思います。

 

「上品」とは、品が良いこと。品格があることです。

 

「こうしなければならない」「こう言わなければいけない」

という型にはまったものではありません。

 

型にはまったもの、それは上品ではなく、

「上品」を演じているのではないでしょうか?

 

そうです「お上品」と「上品」は違うのです。

 

正しい日本語を話すことができれば、

品があるわけではありません。

 

箸の持ち方や、魚が上手に食べられることが、

品があるわけではありません。

(もちろん良いにこしたことはありません)

 

 

相手に対する思いやりや温かな心。

相手の失敗をあげつらったり、

自分を持ち上げていい気になることがない。

 

そのような姿、態度から人は,

「品」を感じるのではないでしょうか。

 

このように書きながらもまだまだ私も修行中です。

 

相手を思いやる行動ができるように。

相手を思いやる言葉がかけられるように。

 

「品」のある行動を私もできるようになりたいと思います。

 

============================

■声でお伝えするstand.fm

『ビジネスパーソン応援チャンネル』

https://stand.fm/channels/60a20fe4b82bc5e1f3d3ef91

============================

■講座や従業員教育に関するお問合せ

オフィスチャーリ ホームページ

https://www.office-charli.com/

============================