ポジティブ視線が社員のモチベーションをアップする | 従業員教育応援ブログ

従業員教育応援ブログ

社員、スタッフの教育が企業を強くする!
印象アップで集客アップ?売り上げアップ?? そんなヒントがここにあります!

=========================

「従業員教育が企業とビジネスパーソンを強くする!」

をモットーに、ビジネスマナーや接遇マナー

ビジネスメール、文書の書き方などの

ビジネススキルをお伝えしています。

 

目の前にいない相手に、声だけで印象良く伝えるためには、

電話でどんな対応をすればよいでしょうか?

 

患者様に選ばれる病院が気を付けたい接遇マナーとは、

どんなことでしょうか?

 

従業員の方に必要な研修を一緒に考えお伝えしています。

=========================

こんにちは。オフィスチャーリの花井です。

 

最近ある企業の社員の方から、こんな話を伺いました。

 

「うちの代表の言葉は、従業員のモチベーションをダウンさせる」

 

いったい何があったのでしょうか?

 

私はこの代表の方に悪い印象を持っていませんし、

代表の言葉が従業員の皆さんの

モチベーションが下がる原因だとは思ってもみませんでした。

 

従業員のやる気 というのは、さまざまな要因で変化します。

 

希望していた ポジションに就くことができただとか、

目標数値が達成 できたとか・・・

久しぶりにあった新入社員の方は、

 

「やっと社会人らしくなってきたね。

これで仕事を任せられるね。私たちのリーダーだね!」

 

とパートの方々に言われ、

本当に嬉しく「よし頑張ろう!」と思えたと言っていました。

 

「誰かに喜んでもらえた」

「誰かのために何か出来た」

 

そんなことがモチベーションをアップさせやる、

気を引き出すきっかけになるんです。

 

しかしその“喜んでいる相手が感謝している”ということは、

なんとなくわかるわけではありません。

 

先程のパートの方のように

言葉にして伝えるからこそ伝わるのです。

 

先の企業の代表の方は、

この言葉の遣い方が少し上手ではなかったようです。

 

仕事に対する情熱や熱い思い、

従業員を大切にする心も しっかりとある方なのですが、

これが伝わっていない。

 

出来ていないことに目が向いてしまい、

「ここが出来ていない」

「あれをやっとけって言ったよね」

 

ネガティブな言葉を発言することが多かったようです。

 

従業員の中には、

一生懸命やったけれども結果が出なかった方もいるでしょう。

 

あまりに忙しく、手が回っていなかったという方もいるでしょう。

 

指摘されることが続けば、

そりゃモチベーションも下がります。

 

部下や後輩がいる方、

もしかしたら家族間でもそうかしれません。

 

自分の物差しで相手を評価するのではなく、

その物差しを相手に見せてあげてください。

 

「あなたにはこれをやってほしい」

「これを担当してくれるかな」

 

役割や具体的にやってほしいことを相手に伝えることで、

頑張ろうというやる気が出てきます

 

もちろんそれらは 提示しただけではなく、

その結果どうであったかという、

ねぎらいの言葉を伝えてください

 

特にこれはとても大切!

 

頑張っていることを認めてくれている

自分をしっかり 見てもらえている

 

自分の他者への貢献度が、

モチベーションをアップさせるのです。

 

特にサービス業や、 医療関係、福祉関係に従事する方には、

他者への貢献度や感謝の心がやる気を引き出します。

 

「頑張ってるね」そんな一言でいいんです。

 

「あれやっといてくれたんだ仕事が早いね」

何気ない一言が社員のモチベーションをアップさせます。

 

ネガティブなところにばかり意識を向けず、

ポジティブなところに目を向けてください

 

「ありがとうね」その一言で、社員はやる気が出るのです。

 

============================

■声でお伝えするstand.fm

『ビジネスパーソン応援チャンネル』

https://stand.fm/channels/60a20fe4b82bc5e1f3d3ef91

============================

■講座や従業員教育に関するお問合せ

オフィスチャーリ ホームページ

https://www.office-charli.com/

============================