脱ステロイドのリバウンドではヘルペス性の湿疹が沢山出ました。

一番良く効く抗ヘルペス薬といえば「ソリブジン」。1996年にソリブジン事件に続き市場からは姿を消しましたが、

調べると2006年ごろに塗り薬として日本とインドで治験が再開されたという情報を見つけました。

日本で承認されていないことは分かったので、ではインドから個人輸入できないか・・・と、治験を行っていたインドの製薬会社「に問い合わせてみたところ、数回のメールのやり取りの末 「当局から『ソリブジンの開発は国際的に禁止された』と言われたため承認申請を取り下げた」との回答が。

 ソリブジン事件はある種の抗ガン剤との併用時に重篤な副作用が出るというものだったのに、外用含め全ての開発が禁止されたとは。

開発しちゃダメなんですかね。。。

 

20年前にあれだけ悩んだ湿疹も発赤も痒みも、喉元過ぎればですっかり忘れ、

知らない人からは「あなたの肌はとてもきれい!どんな化粧品使っているの?」と聞かれるほどツルツル、自分で言うのもおかしいですが、実年齢を言うと驚かれるほどでした。

 それが、1年半くらい前から徐々に首に湿疹が出始め腕や顔まで拡がりました。

更年期でホルモンが減ってるからかな?と思い婦人科で相談したところホルモン補充療法を勧められたのですが、ん?それはいつ止めれば良いんだろう?ホルモンを補充し続けるといつまでもお婆さんになれないのでは?世界中のお婆さんはホルモン補充してないよね?なぜ私はそれが必要?と疑問を感じました。

ただのアトピーなら松本先生の漢方薬治療をすると治るけど、必ず一旦悪化する、その悪化の期間と程度の予測ができず、仕事も忙しかったので引き延ばして来ました。

 

しかし9月に入ると更に湿疹が拡がり我慢できなくなりました。

覚悟を決めて新幹線で高槻へ行き、その夜から漢方薬を飲み始めました。自由診療の漢方飲み薬、入浴薬、抗ヘルペス薬(これは合成薬)のフルコースです。早く治してしまいたいので。

直ぐに効き目が表れ、2日目には顔と首、胸、腕、背中、パンパンに腫れあがり浸出液が噴き出しました。

バスタオルを敷いていても枕とバスタオルを通り越して布団が濡れるほど浸出液が出たのには驚きました。毎日毎日皮膚が鱗のように剥がれ、剥がれた後は一瞬ツルツルの肌が出てくるが、数時間後にはもうゴワゴワしてくる、24時間後にはひび割れてまた皮膚が一面剥がれる。あらゆる種類の湿疹が現れては消える。「ヘルペス 湿疹」と検索すると出てくる画像の全ての湿疹が日替わりで現れました。痒いの、痛いの、膿をもったもの・・・。子供たちは私を見て怯えていました。

 

 実は私のアトピーの程度はIgE抗体値でいうと大したことないのです。丁度成人の正常範囲の上限値位です。ステロイドは25年以上一切使っていないので、この大リバウンドはステロイドで免疫が抑えられた期間に侵蝕し潜伏感染したヘルペスウィルスが感染した細胞を漢方薬で活性化された免疫細胞が排除しようとしている状態なのだと考えています。

ステロイドが影響していると考える理由は、リバウンド症状が出る場所と程度がステロイド軟膏の使用量に比例していると感じるから。手の届く体の前面、胸などは腫れあがる一方、手の届かない背中にはほとんど出ないのです。またほとんどステロイドを塗っていない太ももから下には全く湿疹が出ないから。

 

今回のリバウンドで一番驚いたのは、足の血管に沿って沢山の内出血が現れたこと。表皮だけでなく、血管の細胞も壊れたのですね。一夜にして脚が内出血でいっぱいになったのには驚きました。これは何度もリバウンドを体験した私も初めての体験でした。また20年前には処方されなかった抗ヘルペス薬を飲んだことで身体の中から湧き上がるような痒みや針の筵に寝ているような全身のチクチク感はほぼ感じませんでした。

結局4週間会社を休みましたが、今は完治度95%、ほぼ治りました。

本来なら28日で1層ずつ入れ替わる表皮が6週間ほど毎日剥がれたので、ゴルフでできていたシミも一緒に剥がれました!ケミカルピーリング不要です。治ったからこんなことを言えますが、リバウンド真っ最中の時は、早く時間が過ぎることだけを望んでいました。

 

 20年以上起きていなかったリバウンドが起きた理由は更年期だと思います。住んでいる場所や、不摂生具合、ストレスの程度は変わっていないから。

松本先生から更年期に関するコメントを頂いたので抜粋し転記しておきます。

全文は別記事のコメント欄にあります。

 

なぜ更年期障害が起こるのか?

皆さん、なぜ更年期障害があるかご存じですか?私のWebをウォッチしてこられた方はご存じかと思いますけど、すべてヘルペスとの戦いで生じる症状なのです。というのは女性は初潮期の10歳頃から50歳前後の閉経期までの約40年間に渡って妊娠、出産のための胎盤を作るのに黄体ホルモンを作り続けざるを得ません。女性は妊娠から出産、育児も含めて強いストレスが続きます。この時に男性よりもステロイドホルモンであるコルチコステロンを黄体ホルモンから生理的に作ってストレスを乗り越えるという進化を遂げました。ところがコルチコステロンを40年間以上も作り続け生理が終わり始める更年期にコルチコステロンもなくなりステロイドの離脱症状がでるのです。この離脱症状の1つがヘルペスとの戦いであります。世間では女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もいるというのは間違いで黄体ホルモンから作られるコルチコステロンが減るためなのです。

松本漢方クリニック 院長 医学博士 松本仁幸

脱ステロイドのリバウンドは経験した人でなければ分からない辛さがあると思います。

皮膚が崩壊し、血ではないリンパ液?細胞液?みたいな黄色い液体が噴き出す。

痛いし、身体の表面ではなく奥の方から湧き出してくる痒み、顔が腫れ上がって目は開かず、

身体は浮腫み、ちょうど全身火傷したような状態になりました。

それが少し落ち着くと次はあらゆる種類のヘルペス湿疹が次々と出てくる。

ここにもリバウンド経験者がいらっしゃいます。相当の覚悟がなければ乗り越えられません。

 

免疫を抑えるステロイドを止めているから免疫は上がっているのに、なぜ免疫が下がった時に出てくると言われるヘルペスが出るのでしょうか?矛盾してます。

現象としてヘルペスが出ているのに、元の疾患がアトピー性皮膚炎だと、ヘルペス治療薬は保険適用にならないんだそうです。。。不思議。

 

健康保険はつかえないとの事で、自由診療で抗ヘルペス薬を処方してもらいました。

自由診療も医療費控除の対象で良かった。

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm

 

私がリバウンド真っ最中の時に励まされた言葉です。

「明けない夜はない、春の来ない冬はない」

 

約30年前、ステロイドを使用する事に疑問を感じていた時に、

ステロイドで免疫を下げてはいけない、むしろ漢方で免疫力をアップする事でアレルギー疾患は乗り越えられるという治療をして下さったのは、松本仁幸医師でした。

現在は松本漢方クリニックで漢方薬や鍼灸による自由診療を専門に行っていらっしゃいます。

 

脱ステロイドのリバウンド、ステロイドにより抑制されていた免疫が一気に活性化する事による全身の症状は、それはそれは辛いものです。

全身にヘルペスウィルスによると言われるあらゆる皮膚症状が出ました。


大学で細胞生物学、微生物学を専攻していて、ウィルスを使った遺伝子組み換え生物の実験をしました。

30年もステロイド使っていないのに長く長く影響が残るとは、私の身体の中で遺伝子組み換えが起きてしまったとしか思えない。遺伝子組み換えがなぜ起きるのか?

ヘルペスウィルス以外に犯人が考えられない。

このまま一生私の身体を宿主として棲み続けるつもりか。恐るべしヘルペス。

 

ステロイドの影響と思われるヘルペスによる皮膚症状以外は私は健康そのものです。

家族が全員インフルエンザウィルスに倒れていても、私一人平気なのです。

予防接種要らずです。