伊坂 幸太郎
チルドレン

勝手に採点 ☆☆☆☆


閉店間際の銀行に滑り込んだら、すぐさま銀行強盗が登場し、

人質となってしまった大学生の鴨居と陣内。そして盲目の青年

永瀬も愛犬ベスとともに拘束されてしまう。


緊迫した篭城劇で永瀬が推理した犯人の正体とは!?


この事件で知り合った若者たちのふれあいを描く連作短編集。


いきなり銀行強盗の人質とは面食らったが、その後はいたって

爽やかな物語に仕上がっている。


特に家裁調査官になったその後の陣内や武藤の奮闘振りは微

笑ましくもなかなか感動的。


伊坂作品の特徴は舞台が仙台であることと、登場人物がとても

個性的であることだが、本作品もその手法を踏襲している。


ミステリーというよりは、青春群像的な要素が強く、肩肘張らずに

素直に共感でき楽しめる。