伊坂 幸太郎
グラスホッパー

勝手に採点 ☆☆☆

違法な薬物を強引な手法で販売する会社へ入社した鈴木。
目的は妻をひき殺した社長の息子への復讐。

そこへ奇妙な殺し屋「蝉」や「鯨」そして「押し屋」が
入り乱れて繰り広げられる乱闘劇。

序盤の残虐描写に引き込まれつつも、中盤でのだまし合
いのような駆け引きがスピード感に乏しく中だるみ。

内容的にも、バイオレオンス的要素が強く、先を読むのが
不安になるような展開にページが思うように進まない。

「蝉」や「鯨」の代わり映えしない人生観、世界観を繰り
返されても、結局すべて罪悪感のせいで片付けられるあた
りに薄っぺらい印象が拭えない。

それでも「押し屋」の擬似家族ごっこはなかなか。
特に奥さんと子供の不思議な感じが魅力的。

最近ちょっとマンネリ気味の展開に飽きつつも、最後まで
きちんと読ませる技量は○。