著者: 伊坂 幸太郎
タイトル: 重力ピエロ

勝手に採点 ☆☆☆☆

仙台市内で発生する連続放火事件。その近辺には、意味不明な文字
が羅列したグラフィティアート。

落書き消しを生業とする弟とともに謎解きを始める兄が、放火犯の
真の目的を知り、犯行を未然に阻止するべく行動する。

著者の年齢が自分と近く、舞台が仙台であることから非常に親近感
を覚え、最初からすんなり小説の世界に入り込むことができた。

遺伝子というお堅いテーマに取り組みながらも、複雑な家族設定を
上手く使い、兄弟愛、親子愛といったところにスポットを当ててい
く手法は秀逸。

レイプの結果生まれた弟を抱える複雑な境遇にもかかわらず、「春」
を始め、主人公や父親の間に築かれた絆は何物よりも強い。

ホントだったらこんな良い関係にはならないだろうなと思いつつも、
こんな父親がいれば良いなと感じてしまう。

題名の重力ピエロを始め、仁リッチやジョーダンバットなど目次の
付け方ひとつにもセンスの良さが伺える。

ただひとつ難点は、警察の捜査能力が杜撰に感じられてしまう点。
放火と殺人ならもっと厳しい追及が来るはず。

遺伝子といった運命さえも変えることができる「楽しそうに生きて
いれば、地球の重力を忘れさせる」という言葉がこの家族にとって
何より重要な命題なのだろう。

自身初の伊坂作品だったが、これからも長くつき合える作家に出会
った喜びを感じる一品であった。