独白するユニバーサル横メルカトル/平山 夢明
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


あまりに残虐でスプラッター色が強すぎて、生理的に
拒否反応を示す、とても万人にはお勧めできない作品。


作者は腐乱死体や肉体的・精神的拷問、人間の内臓と
いったものにいたく興味をそそられるらしい。


陰鬱な雰囲気が乙一にも通じるところはあるが、彼の
ファンタジー性を一切排除して、残虐性を前面に押し
出した感じといえばイメージが掴めるだろうか。


小説自体の創造性や発想・着想にはかなり優れた部分が
あると感じたので、ぜひこうした血なまぐさい題材から
離れた世界で正攻法で新作に取り組んでほしいところ。

AD
ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂 尊
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆☆


愚痴外来・田口医師シリーズ第三弾。


前作ナイチゲールの沈黙と同時進行していた別の事件に
スポットを当てた意欲作。


今回の主人公は、抜群の医療技術と迅速・的確な判断で
急患を引き受け、能力に劣らず強引な性格からジェネラル
と畏怖されている速見救急部長。


リスクマネジメント委員長を務める田口へ速見が業者と癒
着して裏金を作っているという投書が来る。


早速、高階病院長の許可を受け、調査に乗り出すが・・・。


展開のスピード感と設定のリアルさ、個性溢れる登場人物
が相まって、優れたオリジナリティーを発揮している。


人をむやみに殺さなくとも、優れたミステリーは成立する
良い見本。


三作目ともなるとマンネリ化が進み、新鮮さがなくなっていく
ものだが、ぜひとも次回作が待たれる良作となっている。

AD

勝手に採点 ☆☆☆


武士や町人などの生き様を丁寧な筆致と地道な
描写で描く時代人情短編集。


印象に残ったのは「討九郎馳走」と「主計は忙しい」。


どちらも武士が主人公だが、対象的な二人。


前者では江戸初期で戦国時代の荒々しさ、生き様を
強く残した勇ましい部下が、殿様の企図した通りの
活躍を見せる物語。


一方、後者はユーモア溢れる一編。


忙しさに翻弄され、妹の婚礼や自身の結婚話までも
忘れてしまう主人公が、最後はしっかり仕事をやり
遂げる。


こうした輩は仕事が出来ないものだが、彼は別、。


粗忽を装っているものの、やることはしっかりやり、
いざというときは流血も辞さない男らしい心意気。


本当の武家社会に思いを馳せて、いろいろ想像した
くなる一編。

AD

「町長選挙」

テーマ:
町長選挙/奥田 英朗
¥1,300
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


巨人軍オーナーのナベツネやホリエモン、女優の黒木瞳
をモチーフに強烈なブラックユーモアで彼らを生活ぶり
を描く有名人編と東京の過疎の村を舞台に繰り広げられ
る強烈な買収選挙を描く短編集。


すべての作品に登場するのはトンデモ精神科医伊良部と
美貌の看護婦の変態コンビ。


「空中ブランコ」や「インザプール」など、奥田作品に
はおなじみの二人だが、今回もやってくれてます。


ぶっとい注射を打つ注射マニアに吸い寄せられるように
群がる患者達。彼の持つ独特なオーラが患者を引き付ける。


有名人編は対象者がすぐに限定されてしまうので、マスコ
ミを通じた彼らのパーソナリティに引っ張られ、それほど
意外性、創造性に欠ける。要は妙に納得してしまう展開に。


一方、題名にもなっている町長選挙はドタバタコメディー。


ここまで突っ走しられると細かい不整合や現実感のなさは
どうでも良くなる。


少々物足りないのはラスト。尻切れトンボの感。

彼岸の奴隷 (角川文庫)/小川 勝己
¥820
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


究極のグロ・エロ・バイオレンス小説。


警視庁捜査一課の蒲生とタフな所轄刑事の和泉が、
首と手首を切断されて殺害された老女殺害犯を追う。


主人公の二人は完全に変態。


蒲生は、ガンマニアで人間を射撃することに快感を覚え、
和泉はなんと強姦魔であるうえに暴力団と癒着し、様々
な悪事に手を染めている。


そんな二人がコンビを組んで、事件を解決するどころか
引っ掻き回して、上げ句にヤクザを殺しまくる展開。

とても一般人向けではない。


その他の登場人物も狂っている奴らばかりで、何をしで
かすか分からない。


そういった意味では先が読めないスリリングな展開。


しかし、ラストはいただけない。
それだけ殺してお咎めなしとは・・・。

象の背中/秋元 康
¥1,575
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


秋元康が書き下ろした話題作。


不動産会社で部長を勤め、仕事と愛人のために家庭を顧
みない主人公が、ある日突然末期ガンを宣告され、人生
の終わりを意識する。


延命処置を断り、残された時間を自分のやりたいことに
費やす決意を固め、自分探しが始まる・・・。


あまりに自分勝手な生き様は共感出来ない。


また、幼馴染や昔の恋人にはすぐに逢え、愛人の存在も
うやむやになるなど、全体的に安易にうまく収まるとこ
ろも違和感が残る。現実はこれほど甘くない。


短い生涯とはいえ、ここまで好き勝手やれれば本望だろう。


秋元氏はやはり多彩な才能に恵まれている。


本作も安易な結末に陥る穴はあるものの、ドラマ化や映画
化など話題にはこと欠かず、原作者としての名声も欲しい
まま。


ただ惜しむらくは、器用貧乏的な印象が拭えないこと。


こんな懸念を吹き飛ばすためにも、次回作は渾身の感動作
を期待したい。