銃とチョコレート (ミステリーランド)/乙一
¥2,100
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


久々の乙一作品。


名探偵とそれに憧れる田舎の少年を主人公に繰り広げられる
ゴシックファンタジー。乙一の新たな世界観が広がる。


独特の時代・世界設定が秀逸。


敢えて例えるならシャーロックホームズに近いのだろうが、
この設定で最後まで乗り切るのはかなり難しい。


だが、物語としては勧善懲悪に徹していない分、中途半端
感が否めない。とはいっても勧悪懲悪でもない。


悪さ加減を煽っておいて尻すぼみで終わってしまうので読者
にとってはフラストレーションが溜まったまま。


悪人の名探偵にはそれ相応の報いが必要。


また、ラストにかかる展開も奇抜さ・独創性に欠け期待を
裏切られる結果に。


なんでそんな程度のオッサンの犯行が見抜けなかったのか?
詳しく説明して欲しいところ。


優れた構想の割りに平凡な中身に幻滅を覚える一作。

AD
カニバリズムの系譜―なぜ、ヒトはヒトを喰うのか。/池田 智子
¥1,575
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


古今東西の人肉食い話を集めた奇譚集。


あくまで筆者が調べて読んだものなので生々しさ緩和され
ているのでご安心を。


やれどこがおいしいとか、まずいとかの味の話をはじめ
古代中国で起ったあんなこと・こんなこと、アメリカの連
続殺人はどう言ったこう言っただのという感じ。


タブーに対する背徳心からかこういった話題は避けがちで
あるが、一方で興味をそそられる部分も多い。


それにしても思うのは中国6千年の歴史は奥深い。

AD
夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦
¥1,575
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


独特の世界観を持つ森見ファンタジー。


強烈にモテない大学生とかなり変わった後輩の
女子大生の恋愛模様と彼らを取り巻く変人集団
の奇想天外な奇行を描くワンダーランド。


雰囲気的には「太陽の塔」に酷似。


京都の町を舞台に繰り広げられる「ええじゃな
いか」騒動に近いヘンテコな出来事が全編にわ
たって散りばめられている。


例えば、変人の爺さんとの飲み比べや大食い競
争、学園祭での象の尻、移動演劇などなど。


ただ、京都になじみがなく、ここまで飛んだ内
容だと感情移入することも理解することも難しい。


なぜ文学界では彼が評価されているのだろう?


それでも次回作は少々気になるところが彼の
力量か。

AD
小説こちら葛飾区亀有公園前派出所/大沢 在昌
¥1,050
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


大沢在昌や東野圭吾などの人気作家が人気長寿マンガ「こちら
亀有公園前派出所」を短編小説に取り入れた話題作。


端的に言ってしまうと両さんは小説のなかでは生きられない!?


各作家とも両さんを真面目な小説のなかに押し込めようと苦闘
しているが、どれもうまく行っていない。


彼の破天荒な生き様は、やはりマンガの世界でしか成立しない
ということ。


それでも新宿鮫との共演は歴史に残る。


鑑識課の藪の幼馴染という設定で、両さんの実家に鮫島、晶、藪
で押しかける場面は見物。両津のおふくろさんまで登場。


しかし、お互いにいつもの調子が出ていなく、大人しい印象。


それと印象に残ったのは、退官した警官が両さんの作ったプラモ
に触発され、自身がプラモ作りにのめりこんで行く様を描いた一編。


結局両さんはラストでちょっとしか登場しないし、内容、主人公も
地味ながら、丁寧でひたむきな姿勢が共感できる。


試みとしては斬新で楽しいものなので、ぜひブラックジャックや
ドラえもんを主人公に小説家して欲しいもの。

ツレがうつになりまして。/細川 貂々
¥1,155
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


サラリーマンだった旦那さんとマンガ家の奥さんが
主人公。それと息子とイグアナ。


生真面目でリストラの荒波をかいくぐった旦那さんを
待ちうけていたうつ病。


会社を辞め、療養を続けようやく回復に向かうまでの
出来事をおもしろおかしく描いている。


奥さんの優しい絵のタッチがほのぼのとした愛情を
感じる。


現実にはもっとシビアだったのだろうが、奥さんの
前向きさと明るさがそれをカバー。


ワイドショーをにぎわしているかの横綱もそうだが、
絶対になりそうもない人でさえ、極度のストレスにより
うつ病になり得る怖さ。


世間的にもようやく理解が進んできたうつ病やストレス
だが、やはり当事者になってみないと分からない苦悩が
あるように思える。


周囲の理解と愛情こそが妙薬か。

狼花 新宿鮫IX (新宿鮫 (9))/大沢 在昌
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


ご存じ「新宿鮫」最新シリーズ。


テンポの良さと事件の構図が明快なため、エンタテイメ
ントとして十分楽しめる一作。


警視庁新宿署の鮫島警部が今回追い詰めるのは盗品市場。


盗品をシステマチックに換金するシステムを暴力団の
支配を巧みに逃れながら独立性を保ち運営されている
らしい。キーになるのは、バイヤーの中国人女性。


彼女の素性を暴くため単独で捜査を行う鮫島。


すると意外なことに前作で取り逃がした仙田が背後にい
ることが判明し、事態は急展開を見せる・・・。


さらに鮫島と同期のキャリア管理官・香田との微妙な
バランス関係が崩れ、確執が最高点に達する。


香田が主張する暴力団を使って不良外国人を排除する
システムは現実的で説得力があり、鮫島の理想論よりも
即効性のある策といえる。


鮫島もこのあたり理解しているだけに単純な対立とは
異なり関係が複雑化している。


本編では謎に包まれていた仙田の素性も明らかになり、
彼がどうのようにして国際的な犯罪者になっていった
かが判明する。


神出鬼没、大胆不敵な彼には似つかわしくないあっけない
幕切れで肩透かしの感が強いが、仕事に私情を挟んだ報い
を受けたというところか。


鮫島の上司・桃井の存在も内容に厚みを持たせるとともに、
捜査状況を説明する下りなどは、読者の頭の整理にも最適。

さらに良かったのは、恋人・晶の出番が少ないこと。


彼女がいないと、リアリティと男臭さが損なわれない。


それにしてもこのシリーズは毎回期待を裏切らないので、
次回作が待たれる。

「柳橋物語」

テーマ:
柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)/山本 周五郎
¥580
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


「柳橋物語」


突然告白された幼馴染の言葉を忠実に守り通したおせん。


しかし、突然の火事や大水により唯一の肉親や理解者を
失い、記憶喪失、恋人との別れ、孤児の育児など過酷な
運命に翻弄され続けた悲しい生涯を描く。


「むかしもいまも」


のろま、ぐずと蔑まれ続けた愚直な男が貫き通した一本
気な生き方。思いを寄せる人の幸せのみを願い、最後に
手にする慎ましい幸福。


どちらも前半の下りが過酷で主人公に同情を禁じえない。

それでも前向きに生きるたくましさは、現代人が忘れた
ハングリーさを思い出さしてくれる。


長屋生活の互助精神や貧乏暮らしで培われる強靭な精神。

人生に疲れたときに手にとってみたくなる一冊。