藤原 正彦
国家の品格

勝手に採点 ☆☆☆☆


合理主義、論理主義、キリスト教的発送といった西欧文明

と決別し、日本的美意識、価値観、武士道精神を重んじよ

と声高に主張したベストセラー。


講演での発言を活字化したものであるため、分量も薄く読み

やい。ここまで指示される大きな要因。


ただ、詳細な説明が省かれているため、筆者の考えをより深

く理解したいひとには物足りないかもしれない。


それでも簡潔で分かり安い主張にうなづける部分も多く、

独断と偏見に満ちた断言調が小気味よい。


「会社は株主ではなく従業員のものである!」

「論理的主張にだまされるな!」

「民主主義より真のエリート養成を!」


など理由を聞くと思わず納得してしまう部分も。


ただ、一番難しいのはそのゲームで一番にならない限り、ルー

ルは変えられないということ。その道のりは険しい。

AD
坂本 敬子
さいごの約束 夫に捧げた有機の酒“和の月”

勝手に採点 ☆☆☆☆☆!天使


泣ける!


病魔と闘ったご本人、献身的な看病を続けた奥さん、幼くして

父親を失う悲劇を味わった三人の子供たち。


皆さんの悲痛な悲しみが平易な文章を通してダイレクトに

伝わってくる。


家庭を持つ父、夫として癌に倒れたご本人の悲しみ、無念さは

いかばかりか。同じ境遇にある身として心中察するに余りある。


「10年は生きたい」という強い思いをあざ笑うかのように全身へ

触手を伸ばす癌。リンパに転移したがん細胞は全身へその分身

を撒き散らし、食道や肝臓、腎臓、そして遂には脳へ。


モグラ叩きのように叩いても叩いても、ゾンビの如く次々と復活。

仮に自分の身体で起ってしまったら、と考えると背筋が凍る。


様々な治療法を見つけてきては医師へその方法を試してもらえる

よう必死に食い下がる奥さんの執念に胸が熱くなる。


そんな壮絶な闘病生活のなかで生まれたお酒「和の月」


奥さんの情熱と熱意、そして旦那さんの暖かい思いがいっぱい詰

まったとってもおいしいお酒に仕上がっているに違いない。

AD

「東京物語」

テーマ:
奥田 英朗
東京物語

勝手に採点 ☆☆☆☆ ニコニコ


1980年代を中心に当時の若者の仕事ぶりや学生

生活を自叙伝的に描く青春群像。


設定とは10年ぐらい後の年代だが、思わず自身の

学生の時分や新人時代を思い起こさせ懐かしい気分に。


特に上京したてで、東京の街をさまよったり、心細くて友達

の家を訪ね歩くあたりは同様の経験を積んだくち。


大都会のエネルギーや熱気に押され、安アパートの部屋で

悶々としていた時間もあったっけ。


青春のひとコマを思い出したい、ノスタルジックな気分に浸り

たいあなたにおすすめ。

AD
深町 秋生
果てしなき渇き

勝手に採点 ☆☆☆ かお


「このミス」大賞受賞作。


ヤメ刑事の藤島が遭遇したコンビにでの無差別殺人。

そんな時、別れた妻から娘が失踪したとの知らせが・・・。


彼女は一体どこへ消えたのか?

一人で捜索し始めるうちに驚愕の事実が・・・。


暗い新堂冬樹作品といったところか。

たしかに読ませる文章力はご立派。


ただ、少年の告白が挿入される形式はいただけない。

勢いがそがれるし、大して深い考えも感じられない。


主人公があまりに暴力的、非人道的な狂人であるため、

全く感情移入できないことも難点。


子を持つ親ならそんなことはしないはず。


さらに、警察がこんな狂人をのさばらしておくことや、普通

の女子高生がこんなことできるか?的疑問が沸々と沸く。


要はリアリティーが欠如したあまりに読者が限定されるバ

イオレンス作品ということ。


「模倣犯」「白夜行」といった名作と同じような題材を扱いな

がら、薄っぺらな印象がぬぐいきれない。


これだけの筆力があるなら、全く違った設定で勝負して欲しい。

そういう意味で次回作は期待できるかも。

吉田 修一
パーク・ライフ

勝手に採点 ☆☆


馴染み深い日比谷公園を舞台に、ひょんなことから知り合った

若手サラリーマンとOLとの交流、そして配送助手の夫と舞台女

優を目指す妻との日常を描いた中篇集。


え、これで終わり!?みたいな結末の2編。

どちらもあとに何にも残らない空虚さがむなしい。


ストーリーには起承転結が必須アイテムだが、それを無視する

とこうなってしまう悪いお手本のようなもの。


そこそこ舞台設定に引き込める筆力を持ちながら、この程度の

作品しか書けない、読者の期待を裏切ってしまうのは残念。

宮部 みゆき
幻色江戸ごよみ

勝手に採点 ☆☆☆☆


江戸時代の庶民描写に定評のある宮部氏が怪談や不思議

体験を絡めて描く短編集。


特徴的なのは体言止のような余韻を残したラスト。


病弱な娘のために年一回神無月の頃に押し込みを働く父親や、

禁令を破って見事な装飾を施したかんざしを仕上げた職人の

話など、その後を読者に想像させる見事な手腕。


また、怪談を活用した火事場で活躍する猫頭巾の話は怖さと

悲しみ、そして希望が絶妙のマッチング。


自分の身の程を知った少年が歩む人生はどうなるのだろう。


希望といえば、ご隠居さんから首を括った神様の逸話を聞いた

少年が自らも成功を収めていくサクセスストーリーは、ユーモア

たっぷりでしゃれている。


現代社会に設定を移した悲喜こもごもを描いて欲しいところ。

浅田 次郎
シェエラザード〈上〉

勝手に採点 ☆☆☆☆


太平洋戦争末期、赤十字の要請に答える形で物資運搬

の任に当たっていた弥勒丸。


当時、安導権を得ていたにも拘らず、米国潜水艦の魚雷

の直撃を受け、多数の民間人と共に轟沈された。


その弥勒丸引き上げのため、謎の台湾人宋が国会議員、

商社、そしてやくざの親分に100億円の資金を用意する

よう持ちかける。


彼の真意は。そしてその正体は!?


いつもの泣かせ節は抑えられているものの、弥勒丸の

関係者が複雑に絡み合い、ひとつに収束していく様が

スピード感たっぷりに描かれている。


多少、偶然がうまく行き過ぎているきらいはあるものの、

おおむね許容できる範囲。


ただ、現代における引き上げの話よりも、心惹かれるのは

弥勒丸を襲った悲劇とそれにまつわる人間模様。


撃沈されるまでの優雅な船内で出来事は、まるで夢気分。


ホテルのような豪華な装飾、贅沢な食事やシェエラザード

が流れる食後の歓談など、戦局に左右されない特別な空間。


船長をはじめとする帝国郵船の社員たちの結束力、職

人気質、責任感にも脱帽。


乗組員や堀少佐、正木中尉らが抱える複雑、深刻な問題さえ

も大きな優しさで包み込むような母性的な弥勒丸。


誰でも彼女に恋せずにはいられなかったほど。


それと対照的に矮小なのは、自身の延命のため、弥勒丸

を人間の盾に使った日本陸軍。


まさに亡国の輩。

鈴木 光司
ループ

勝手に採点 ☆☆☆


近未来サイエンススリラー。

転移性癌ウィルスが猛威を振るい人類は滅亡の危機を

迎える。


科学者であった父はすでに末期を迎え、愛する恋人まで

もがキャリアである事実が判明。


医学生の馨は、宿命付けられたようにウィルスの謎に挑

むためアメリカへと向かう!


たまたまギャオで「リング」「らせん」をやっていて、視聴した

のでついでに手にとって見ることに。


オカルト・ホラー色はかなり薄れ、SF要素の強い仕上がり。


ループに存在する人工人類が、「リング」や「らせん」の舞台

となっているなんて、かなり荒唐無稽で強引な話。


「らせん」のラストシーンでの、真田広之と佐藤浩市のやり取

りにはこんな裏があったとは驚きだが、やはりどうも、素直に

納得・理解できない部分が大きい。


「らせん」でもウィルスに感染して貞子が誕生、急成長を遂げ

るシーンがあるがかなり近い唐突さ。


貞子シリーズからは全く離れた新しい設定で描いた方が独自

の世界感や考え方も伝わったはず。


すとんと腹に落ちてこないわだかまりが難。