森 博嗣
有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER

勝手に採点 ☆☆


著名なソフトウェア会社が長崎に開設したアミューズメントパーク。

そこで繰り広げられる摩訶不思議な殺人事件。


婚約者である社長の招きで訪れた大学生西之園萌絵とその友人

たちが巻き込まれ、彼女の教官である犀川助教授が助けに向かう。


事件の背後には天才プログラマ真賀田四季の影・・・。


森ミステリー初体験作。


その文量、独特の世界観、薀蓄、回りくどい表現の数々は、

人気の「京極堂シリーズ」に相通じるものが。


しかし・・・、これにはどうも馴染めない。


舞台設定やストーリー展開、登場人物が現実離れしすぎていることや

数学的・哲学的思考によって導き出される異色の推理が理解不能に。


結局、塙社長の真意や役割が釈然としないまま置いてけぼりをくった

格好で事件は終末を迎える。


いくらなんでも警察やマスコミがみんなサクラだったとは。


殺人が頻発する中、食事やドライブ、観光を楽しむ女子大生たちも

どうか。普通の神経じゃない・・・。かなりの違和感。


発想そのものは従来の作家にない革新的なアイデアを持ちつつ、人物

描写巧みさや現実性からは遠く乖離した理科系作家といったところか。


エッセイ的作品は楽しめた反面、ミステリーは・・・、残念!

AD
麻耶 雄嵩

勝手に採点 ☆☆☆


弟・襾鈴(アベル)の死の真相を探るため、彼が残したメモ
を頼りに世間から隔絶された異郷の村「埜戸」を訪れる兄

の珂允(カイン)。


そこで待ち受けたのは、「大鏡」という神が支配する恐るべき

村の実態と次々と巻き起こる殺人事件だった。


テーマはカインとアベルという名前から推察されるとおり兄弟

の愛憎劇。


雰囲気的には伊坂氏の「オーデュポン」に似て、幻想的で

ファンタジックな設定で話が展開される。


人形や古い蔵、屋敷が登場するあたりは、横溝正史の匂いも漂う。


探偵役?ともいうべきメルカトルの存在は異彩を放つ。


ラストでは珂允が抱える矛盾に満ちた深刻な問題を明快に

解明しつつも、彼を見捨て去る。


いわゆる本格ミステリーファンには堪らない作品かも知れないが、

思わせぶりで難解な文字の羅列や暗鬱的な背景、ストーリーの

非合理性が受け入れ難い。


「蛍」同様、氏の作品は体質的に合わないようだ。


トリックがすべてのありもしないな話を扱ったミステリーよりはマシ

かもしれないが・・・。

AD
ロバート・クレイス, 村上 和久
ホステージ (下)

勝手に採点 ☆☆☆☆


ロス市警で危機交渉のエキスパートとして鳴らし、
数々の難事件を解決してきたジェフ・タリー。


彼はある事件をきっかけに激務のストレスに耐えきれ
ず退職し、田舎の警察署長として職を得る。


そこに、強盗殺人の罪を犯した若者3人が、高級住宅
街の一角に白昼堂々進入し、幼い兄弟と父親を人質に
立てこもる凶悪事件が発生。


再び交渉人として事件の最前線に立つタリー。しかし、
犯人が立てこもる高級住宅には恐るべき秘密が隠され
ていた!


まさにハラハラドキドキ連続のハリウッド映画の王道。
そして主演は不死身の男ブルース・ウィリス。


YAHOO!動画で冒頭10分の映画本編を見せられ、あまりの
衝撃に原作を読むことに。


映像イメージのおかげでまさに映画を楽しむように手に
汗を握りながらその迫力を体感。


ストーリーも単なる篭城事件に止まらず、組織犯罪や
猟奇殺人を絡め複雑化し、タリーを苦しめる手ごわい敵
が複数出現するあたりはお見事な展開。


せっかくここまで持って来ておきながら、事件を締め
くくる結末はいささかお粗末。


結局、ギャングのボスに助けられたってこと!?


こうした理由なき殺人事件や銃による犯罪が頻発し、
幼い命が犠牲となる悩めるアメリカ社会の実情は決して
対岸の火事ではない。


こんな事件は小説や映画のなかだけで勘弁願いたいもの。

AD
横山 秀夫
ルパンの消息

勝手に採点 ☆☆☆☆


サントリーミステリー大賞佳作に入選した著者幻の処女作。

15年前、高校生の悪ガキ3人が企てた「ルパン作戦」


試験問題を校長室の金庫から盗み出すいわば究極の
カンニング。


しかし、夜中に忍び込んだ金庫の中には女性教師の変わり
果てた姿があった!


横山作品の原点となるだけあって、犯行動機や時効など
随所に後の作品のネタにつながる仕掛けが用意されている。


やはり驚かされるのは緻密な心理描写とスピーディーな文章
展開、そしてあっと驚くどんでん返し。


なかでも主犯格の喜多が語る事件の真相にはグイグイ引きこ
まれ、いったい誰が殺害したの?という疑問が沸々と沸き起こる。


この手の王道で登場人物すべてが疑わしいという設定。


時効まであと何時間といったタイムリミットが区切られているため

いやがおうにも高まる切迫感、臨場感。


結局、死ぬべき人間が死んで逮捕されるべき人間が逮捕され、
同情すべき人間は無罪放免となる理想的な結末。


さすがにベストセラー作家は読者を裏切らない納得感のある結論

を用意してくれている。


ただ、残念なことは三億円事件と絡めた点。

このエピソードだけが完全に浮いてしまい激しい違和感。


これが佳作にとどまった原因か。

重松 清
いとしのヒナゴン

勝手に採点 ☆☆☆


ある地方都市の比奈町に出現した謎の怪物。
町に因んでつけられた名前は「ヒナゴン」


その実態解明のため町役場に作られた「類人猿課」
に勤める信子を中心に語られるドタバタ劇の顛末とは。


重松氏得意の郷愁を誘いながら、過疎や農村の後継
者問題を「ヒナゴン」騒動に絡めながら独特のタッチ
で丁寧に描いている。


さすがに珍獣ヒナゴン探索劇でストーリーを引っ張る
には文量が長すぎる。


着ぐるみのニセモノ発覚や住民からの誤報なども想定
内のエピソードで意外性なし。


一方、町長のイッチャンはいい味出してる。ド田舎の
元ヤンキーで夢と男気を忘れないちょっとした独裁者。


主人公をライター崩れの信子にするよりは、元同級生
の教師を主体にしたほうが入りやすい気がする。


信子とその教師、役場に勤務する西野の関係も曖昧な
まま物語は終息する。


いいかげんみんないい大人なのだから、ちょっとした

愛憎劇を繰り広げてもいいんじゃない!?


登場人物があまりにみんな「いいひと」で純粋すぎる
のもストンに腹に落ちてこない理由のひとつ。


特に町長選はあまりに美談になり過ぎ。

重松氏特有のペーソス漂う作品を期待したい。

「さまよう刃」

テーマ:
東野 圭吾
さまよう刃

勝手に採点 ☆☆☆


父子家庭ながらも大切に育てた愛娘をレイプされたうえに
無残に殺害された父。


犯人に復讐するべく、猟銃を片手に執拗な追跡の旅が始まる。


指名手配され、警察に追われる身となりながらも、協力者から
の情報によって犯人に次第に近づいていくが・・・。


雰囲気は東野版「模倣犯」


同じ子を持つ親として復讐に立ち上がる父親の心境は痛いほど
理解できる。


現実にも同じような犯行が繰り返され、少年法や人権を盾に
成人すれば社会に解き放たれる凶悪犯たち。


被害者の人権は無視され続けているのにどうして?という
疑問が生まれるのも当然。


そういった矛盾に対して警鐘が鳴らされている。


ストーリー的には、前半部分で犯人も解明されてしまって
犯人探しというよりは、追跡劇中心に話が進む。


追うものと追われるものの逃避行が警察の追跡と絡み合って
緊迫度を増していく。


ただし、情報提供者に意外性を持たせたものの、全く独創性、
面白みのないラストには大いに不満が残る。


被害者の父親の心境に余韻を持たせるような工夫が欲しい。

伊岡 瞬
いつか、虹の向こうへ

勝手に採点 ☆☆☆☆


第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞のW受賞
を果たしドラマ化も放送された話題作。


殺人の罪を背負った元刑事尾木がひょんなことから
始めた男2人&女1人で始めた共同生活。


ある日、酔った尾木を介抱した若い女性・早希までもが
押しかけるが、彼女にはある秘密があった・・・。


警察、ヤクザを敵に回しながらも、早希の殺人容疑を晴
らすため奔走し真犯人に迫っていく。


まず、主人公の設定が奇抜で興味深い。


暗い過去を引きずりながらも、ひたむきに生きる姿勢に
好感が持てる。


かなり良く練られたストーリーで、無駄がなく、登場人物
も要所に的確に配置されている。


選考者が指摘したタブーも、あまり気にならなかった。


主人公をはじめ同居人たちの境遇、生き方にスポットライト
が当たっていて、犯人探しの推理小説という感じはしない。


強いて難をあげると協力してくれるヤクザが出るあたり。

タイミングの良さ、役割の的確さがかえって不自然。


雰囲気的には、横山秀夫に大沢在昌を足して2で割ったよう!?
いずれにしても次回作が楽しみな作家の誕生はうれしい。

「影踏み」

テーマ:
横山 秀夫
影踏み

勝手に採点 ☆☆☆

かつて司法試験を目指した青年が父母と弟を一挙に火事
で失い、寝静まった民家に押し入る泥棒「ノビカベ」と
なり転落人生を歩む。

すでに中年に差し掛かったその真壁の中耳には、いまだ
青年のままの一卵性の弟の声が住んでいる・・・。

設定がいささか現実離れしているものの、稀代のストリー
テラーがつむぎ出す謎解きは秀逸。

ただ、久子との関係が最後まで曖昧なままで終わってしま
ったことや関係者の証言が簡単に入手できてしまうという
違和感は残る。

いつものスピード感や圧倒的な迫力に欠けるのも残念。

やはり刑事や記者が主人公でない分、人物や事件の描写が
甘くなったか。

そういえば今日は日航機墜落事故から丸20年。
犠牲になった方々の冥福をお祈りする。

著者にはクライマーズハイを凌ぐ秀作を期待したい。

福井 晴敏
6ステイン

勝手に採点 ☆☆☆


「亡国のイージス」や「戦国自衛隊」など今乗りに乗って
いる著者が放つ異色短編集。


秘密組織・防衛庁情報局に所属し、表の職業に就きながら
裏世界での暗闘に活躍する人々や彼らを操る工作担当官。


防衛庁にもいろいろな部署があるから、実際そんな人たち
もいるのかな?と素直な疑問がわく。


アメリカであれば、CIAやらFBIなどでお馴染みのサスペンス
アクションも日本でやるとどうも途端に色あせる。


それは防衛庁や自衛隊が平和イメージに侵食され、本来果たす
べき国家的防諜という役割を警察に奪われている現実のためか。


著者特有のだらだらと続く説教くさい言い回しの数々にも閉口
しがち。そこを除いたアクション系は引き込まれるのだが。


ただ、スパイゲームのような攻防戦を描く最後のストーリーは
「亡国のイージス」だったかに登場した人物がいい味を醸し出す。


敵と味方が入り乱れた騙し合いは、論理が突飛過ぎるも手に

汗握る緊迫した展開で引き込まれる。


これだけ映画化しても結構良いかも。