著者: 水原 秀策
タイトル: サウスポー・キラー

勝手に採点 ☆☆☆

「このミステリーがすごい!」大賞第3回大賞受賞作。

人気球団に所属するピッチャーの沢村は、一流大学卒業後、海外留学

を経てプロ入りした頭脳派サウスポー。

実績もそこそこ積んだシーズン中に見ず知らずの怪しい男から因縁を
つけられ、突然八百長疑惑の渦中に巻き込まれる。

球団や監督からも見放され、選手生命の危機にさらされた彼が、自分

を罠に陥れた見えざる敵に戦いを挑んでその真相を暴く!

主人公沢村がクールで実力もあってなかなかカッコイイ。

体育会系アスリートが集うプロ野球界でこんな男がいたら、
確かに浮きまくること請け合い。

身に覚えのない脅迫からマスコミを使った暴力団との癒着疑惑に展開

する着想もかなり信憑性があってリアル。

球団も会社組織だから、保身を考えるとこの手の報道には臭いものには
フタ的な対応になっちゃうのも頷ける。

新聞社オーナーを父に持つ若き二世が球団の実質的支配者というのも
現実的にありそう。

ただ、残念なのは真犯人とその動機。やっぱり「そこまでやるか!?」
的色彩が強い。

実行犯の元警察官も不気味な仕事人って感じでよかったのだが・・・。
これではせっかくの大投手も脳みそまで筋肉モリモリだよ。


AD
著者: 新堂 冬樹
タイトル: 吐きたいほど愛してる。

勝手に採点 ☆☆☆☆

世にもおぞましい短編集。

被害妄想・自意識過剰な変態男、夫の浮気で精神異常をきたす妻、
性的暴力に耐えられず復讐を果たす美少女、娘からの過酷なまで

の仕打ちに耐える寝たきりの父。

「鬼子」以来、久々にその実力を見せつけられた感。
スピード、迫力、残虐性、異常性とも申し分ない出来。

文章のみでここまで不快感を味わせるのはなかなか容易ではない。
読むのを何度も中断して、気分転換しなければいけないほど。

決して文部科学省やPTAにからは推薦されることのないダークな世界。
ここまでやるか!と突っ込みたくなるお約束オンパレードの新堂ワールド。

人物を深く掘り下げて描写したり、ストーリー構成に唸らせるものが

あったりと小説として本来ならあってしかるべきの要素が完全に抜け

落ちていても全くOK。

短編作品にこそ氏の持ち味が生かされ、人間の狂気を描くその能力
が発揮されるのではないだろうか。

AD
著者: 田口 ランディ
タイトル: モザイク

勝手に採点 ☆☆

自衛隊を除隊して精神病院の看護婦となり、その後、精神病の
疑いのある患者を病院へ移送する仕事をしているミミ。

彼女には、精神を病んだ人間の思考を読み取る特殊な能力があった。

ようやく新しい仕事に慣れてきた頃に担当したのが14歳の正也。
説得の末病院へ向かうものの、途中に失踪されてしまい追跡を
試みるが・・・。

はっきり言って難解。
具体的な設定や巻き起こる事件は興味をそそられるものの、
正也の長くだらだらと続く独白には閉口させられる。

読みにくいうえに、意味不明。
これでは両親も心配するのが当たり前。

救世主救済委員会の仕掛けもよく分からない。
かなり思わせぶりに引き付けるも、タネを読むとガッカリ。

情報化社会における携帯電話の爆発的普及、情報の氾濫、若年層の
凶暴化・無気力化など筆者の言いたいことは何となく分かるが、
ここまで幻想的だと伝えたいことがしっかり伝わってこない。

加えて終盤の大学研究者との関係も突発的で面食らう。
「何でこんなところで」という気が。

ミミと両親、祖父母、上司たちとの関係は、かなり特異で分かり
やすく興味深いので、そっち方面で話を膨らませたほうがベター
だったのでは。

AD

「壬生義士伝」

テーマ:
著者: 浅田 次郎
タイトル: 壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2

勝手に採点 ☆☆☆☆☆

幕末をまさに疾風の如く駆け抜けた新撰組。
貧困から南部藩を脱藩し入隊した吉村貫一郎中心に描く異色作。

随所に「泣かせ」が散りばめられ、気を抜くと涙が頬を伝う。
理由は、吉村貫一郎の独白で吐露される本心。

あの時代に「公」を捨て、守銭奴と蔑まれても妻子のために「私」
にこだわり続けた頑なさ。

武士道を捨て、あくまで家族と故郷にこだわり続けたその愛情は
次第に周囲の人間をも感化させていく。

みすぼらしい姿に成り果て、命の如く大切な刀剣が日々の死闘で
痩せていっても、自身には金を使わず田舎に金を送り続けた執念。

藩校の助教としての高い教養と北辰一刀流免許皆伝の卓越した

腕前を持ちながら、身分の低さから職に恵まれず、家族を養うため

脱藩せざるを得なかった悲しい運命。

人殺しに明け暮れ、身も心もボロボロになりながらも郷愁と妻子を
支えとして、狂乱の時代を生き抜いていった男。

さらに、涙を誘うのは幼馴染みで親友、そして南部藩の重職に

あった大野次郎右衛門との悲しすぎる結末。

藩の存続のため傷ついた友を見捨て、過酷な仕打ちをしてまで

引導を渡さねばならなかった悲劇。


特に貫一郎の亡骸にすがり、握り飯を食べさせるシーンは心に

焼き付いて離れない。

浅田文学の真骨頂ともいうべき作品は、壬生浪となった男の愚直

なまで生き様を浮き彫りにし、人々の心を揺さぶり、引き付けてやまない。

著者: 宮部 みゆき
タイトル: 淋しい狩人

勝手に採点 ☆☆☆

下町にある古書店の雇われ店主のイワさんとその孫・稔を中心に
繰り広げられるヒューマンドラマ。

日常のちょっとした謎を年の差コンビが解消していく短編集。

雇い主が死んだ親友の息子で刑事という設定がいかにもといった
気がするものの、その分展開に幅が出ている。

最も印象的なのは名刺に纏わるお話。
今時そんな営業方法もないだろうと思うが、ラストの展開には
ちょっとビックリ。

社交的で明るい営業マンの無残な最期。
上司の女としての悲しみ、焦り、憔悴が伝わってきて物悲しく切ない。

それと死んだ作家の未完の著書を引き合いに発生した殺人事件の話も
なかなか読ませる。

導入部分の娘との何気ないやり取りから発展していく、ストーリーの
組み立ては宮部氏ならではのうまさが光る。

ただ、犯人が襲ってくるのは蛇足の感。ちょっとやりすぎな気も・・・。

氏の時代物やこういった現代が舞台の連作短編集は、まったく危なげなく
(落胆することなく)堪能できてとってもオススメ。

著者: 市川 拓司
タイトル: いま、会いにゆきます

勝手に採点 ☆☆☆☆☆

すでに映画化され、先頃ドラマ化も決定した超話題の純愛小説。
妻・母に先立たれた父子に訪れる運命の悪戯。

悲しみを乗り越えた矢先の突然の出来事に戸惑う二人。
最愛の人の再来に嬉しさと一抹の不安を覚えながら過ごす日々。
この出来事は現実なのか幻なのか?

涙、涙、涙・・・。
涙なくしては語れない究極のラブストーリー。

あまりに不器用な生き方しかできない父と息子。
その現実離れした生活ぶりにまず驚かされる。

車も電車もエレベータも乗れないなんて。
小まめにメモを取らないと、どんどん忘れてしまうなんて。

喫茶店で自分の考えに没頭してしまい、
夜まで映画館に置き去りにされた子供の気持ちを思うと

胸が締め付けられる。

二人とも髪はボサボサ、服はヨレヨレで臭く、家の中も荒れ

放題の毎日。でも、そんな荒んだ環境を救ったのが死んだ

はずのママ。

やっぱり小さな子供にはお母さんの温もりがなくてはならない。
ほんの短い瞬間だったけど、また会えた喜びはどれほどか。

その微笑ましくも意地らしい三人の新生活が、いつまでも長く

続いて欲しいと心底願わずにはいられない。

そして突然訪れる当然の帰結。
当事者として感情移入してしまい、言い知れぬ深い悲しみを味わう。

奥さんの独白も印象的で効果的。
悲劇的な不幸によって大きく狂う人生にも果敢に立ち向かう強さと

勇気と優しさ。

思いがけず二度の別れを経験した父子のこれからが幸福なもので

あって欲しい。

著者: 法月 綸太郎
タイトル: 生首に聞いてみろ

勝手に採点 ☆☆

このミステリーがすごい!2005年度版第1位に輝いた話題作。
死期の迫った有名彫刻家が最後の力を振り絞って完成させた遺作。

愛娘をモデルにしたその作品から頭部だけが切り離された状態で

発見される。

そして現実に娘までもが殺害され、その生首が届けられる・・・。

猟奇的匂いが強い殺人の犯人は誰か?
彫刻家が自らの作品に託したダイイングメッセージとは!?

ハッキリ言って期待外れ。机上の空論的色彩が強く、こういった

本格ミステリーとやらにはもうついて行けないのかもしれない。

決定的違和感は作家「法月綸太郎」の存在。
親が警視庁の警視だからといってなぜあれほどまで捜査に参加

できるのか?

お約束といえばお約束なのだろうが、どうも納得出来ない。

それと謎解きのキーポイントになる「なりすまし」も現実感に
乏しくいただけない。アイデアとしては優れているかもしれないが、
ホントにここまでやるかな。

娘と元ストーカーのカメラマンとの関係ってどんな感じ?
最後までストーリーに絡んでいるのかいないのか分からない

中途半端さ。

身内の犯罪なんだから何も殺す必要はないし、まして首までを

切ってしまう必然性はどこにあるんだろう。

あまりにコンセプトに引っ張られすぎた、こじつけのオンパレードに
いささか食傷気味。

「リアリティ、現代感覚、社会性」の欠如したミステリーは
後味が悪く胃にもたれる。

著者: 宮部 みゆき
タイトル: ICO -霧の城-

勝手に採点 ☆☆

人気ゲームを下敷きにしたファンタジックアドベンチャー。
「霧の城」に人質として献上される主人公ico。

彼は角を持ち、「ニレ」と呼ばれる呪われた運命にある一族。
「霧の城」に隠された恐るべき謎と君臨する闇の支配者とは?

まさにRPG小説。最近のゲームはやったことがないが・・・。
前半の城に入場するまでは、目の前に画像が浮かんでくるような
錯覚にとらわれるほど。

ただ、風車を伝って競技場へ向かうシーンや鳥かごが吊るされている応接間など
城の内部でのアドベンチャー描写は具体的映像イメージが浮かべにくく難解。

ついつい斜め読みしてしまっても、後々のストーリーに支障はないほど中身が薄い。

その点、ハリーポッターは映画で確認すると一目瞭然だが、映像イメージが
浮かべやすく、解りやすし、なにしろハラハラドキドキさせられる。

ストーリーもicoと少女の場面展開があるものの、特別驚くような仕掛けはなく、
ゲームに依存しているため、先の展開が簡単に読めてしまう。

散々やられた後でも、アイテムゲットでエネルギー補充にみたいな。

やはり、ただ戦って剣を突き刺して勝負ありでは、いかにもラストとしては
稚拙すぎる。戦いの過程でそんなラストを納得させられる材料があれば・・・。

ドリームバスターやブレイブストーリーそしてこれと氏の趣味であるゲームに
インスパイアされた小説はどうも完成度に難あり。

著者: 石田 衣良
タイトル: ブルータワー

勝手に採点 ☆☆☆

余命幾ばくもない末期ガン患者の主人公。
新宿の高層マンションで妻の介護を受けながら絶望的
な余生を過ごしている。

そんな彼が奇妙な夢を見るようになる。
それはこの世界の未来そのものなのであろうか・・・。

宮部氏のドリームバスターを彷彿とさせるファンタジック
アドベンチャーとスターウォーズを足して2で割ったよう!?


元の部下と浮気をしている美貌の妻から逃れるように

職場の女性との精神的な結ぶつきを強め、より夢の

世界に逃避していく主人公。


かなり奇抜な設定で最初は「???」って感じを受けるも、

次第に引き込まれていく。


幻想的な近未来の世界は、ダークでディープな印象。

文字通り垂直問題を抱えた青の塔での激しい闘争。


追っ手から逃れる逃走劇は手に汗握るも、全体的に都合

の良すぎる展開は否めない。


ウィルスの開発者が現代のそんな身近にいるのも違和感。


ただ一番の気がかりはラスト。

あまりにこじつけた妥協の産物の感。