著者: 歌野 晶午
タイトル: 葉桜の季節に君を想うということ

勝手に採点 ☆☆☆

自身初の歌野作品

はじめての作家との出会いは期待と不安が交錯し
まるで初対面の女性とデートするみたい!?

のっけからの文章は衝撃的で鮮烈。
題名もかなりユニークだがそれ以上。

書き出しで著者の技量はかなりのものと直感。

現代の若者の生き方、風俗をストレートに表現
していて小気味良いテンポですすむ。

知人の殺人事件からマルチ商法詐欺の実態を暴こう
と奮闘する展開も意外性あり。

しかし、腑に落ちないのは小説自体に隠された大きな
トリック。まさにだまし討ちの感。

こんな手法を使わなくても、よっぽど引き込める物語
をかけそうなのに技量がもったいない。

それと相まって、ラストが尻切れトンボであっけない。
この辺にアッと驚くような納得できるストーリーが欲
しかった。

読者の期待は良い意味で裏切って欲しい。
AD

「臨場」

テーマ:


著者: 横山 秀夫
タイトル: 臨場

勝手に採点 ☆☆☆☆☆

「終身検死官」の異名をとる倉石警視。

そのずば抜けた観察能力、推理力、人間性に惹かれる
警察官は多くそのシンパを称して倉石学校と呼ばれる。

彼が関わる事件を通して、物語の主人公たちにもたら
されるのは一体何か・・・。

決して多くない文量なのだが、ストーリーの奥深さ、
複雑さ、巧緻さにはいつも新鮮な驚きを覚える。

最も感動したのが「餞-はなむけ-」
やはり子を持つ親としては、親子ネタにはめっぽう弱い。

引退間近の刑事部長という老練、剛直なイメージと自殺
した老婆との取り合わせ、母親の悲壮なまでの気持ち
が琴線に触れ中盤から涙が止まらなくなった。

さらに輪をかけたの倉石調査官の刑事部長に対する態度。
これぞ男の中の男というべきもの。

これまでの横山作品に登場する警官像として、沈着冷静で
クールなイメージが強かったが、倉石警視はかなりの人情
家で共感を覚えやすい。

ぜひともシリーズ化が期待される魅力的なキャラの登場に
大きな期待を抱かずにはいられない。
AD

「動機」

テーマ:


著者: 横山 秀夫
タイトル: 動機

勝手に採点 ☆☆☆☆☆

犯行の影に必ず存在する動機。

その動機に隠された謎にスポットライトをあてた短編集。

相変わらずの鋭く練り込まれたストーリー展開に息を飲む。

本当に心に迫る文章は字数やページ数に全く左右されない。

短く読みやすい文章からは想像できないリアルで迫力ある
世界が眼前に鮮やかに浮かび上がる。

白眉は「密室の人」
あまりの切なさ、悲しさ、痛々しさに心が凍える。

美人で若い後妻を迎えた裁判官に訪れる悲劇。
予想外の結末に残るのは深い自責の念とほのかな希望。

この物語は生涯に残るほどの傑作。
AD


著者: 金城 一紀
タイトル: GO

勝手に採点 ☆☆☆☆

在日韓国人の高校生が主人公の青春ドラマ。

友情、恋愛、親子の絆、そして死。

これらを通して一歩一歩大人の階段を登る成長ぶりを描く。

さわやかなで心地良い感動にパッピーな気持ちに。

それでも日本人からの差別や朝鮮学校でのいじめは
凄まじく壮絶なほど。

最近では韓流ブームの到来で韓国に対する偏見や差別
がかなり減ってきている傾向にあるが、在日の方々に
対してはどうか。

ああいった文化の大波が両国のわだかまりを押し流し
てくれることを期待するとともに、我々日本人が持っ
ている見識の狭い偏見はなくさなければならない。

本書の主人公が厳しい生活環境の中、明るさを失わず
逞しく育っていく姿は清々しい。

お父さん、お母さんも個性的で魅力的。

何より共感できるのは、愛に国境はないということ。
この普遍的メッセージは何者にも代え難い。

「犯人に告ぐ」

テーマ:


著者: 雫井 脩介
タイトル: 犯人に告ぐ

勝手に採点 ☆☆☆☆☆!

神奈川県内で発生した男児無差別連続殺人。

県警本部長に就任した曽根は、停滞する捜査に新たな
人材、手法を取り入れることを画策。

その特別捜査官に抜擢されたのが、過去の捜査の失態
から長らく地方勤務を余儀なくされた巻島警視。

史上初のテレビを使った「劇場型捜査」で憎むべき犯人
を追いつめる!

今年読んだ中では文句なしにナンバーワン!

スピード感、臨場感、緊迫感とも文句なし!

巻島の人物描写に若干甘さが見られるものの、それを
補って余りある手に汗握るストーリー展開。

何と言っても、捜査失態を隠蔽する記者会見でプッツン
した窓際デカの復活劇に思わず拍手を送りたくなる。

四面楚歌のなかで忠実な部下に支えられながら独自の捜査
手法を貫く意志の強さ。

上司をトラップにかけてまで犯人逮捕に挑む真摯な姿勢は
読み手を強く惹きつけ共感を感じないわけにはいかない。

さらに秀逸なのは犯人の描き方。

異常な残虐さを焦点に犯人メインで描かれる小説が多い中、
あくまで誰が犯人かは二の次。

地道な聞き込み捜査の結果、現場の刑事が容疑者を逮捕する
といういたって平凡な結末に逆に新鮮味を覚える。

雫井氏は「火の粉」でその実力の片鱗を見せつけ、本書で
ついにその才能が開花した感。


著者: 東野 圭吾
タイトル: ゲームの名は誘拐

勝手に採点 ☆☆☆☆

某自動車会社副社長令嬢と取引先のやり手広告
プランナーが企てた狂言誘拐。

まんまと副社長から身代金をせしめ、山分したうえで
人質の振りをした令嬢を返したはずが・・・。

映画化もされた話題作。

軽快なテンポで展開するストーリーにすんなり感情移入
でき、登場人物も多くないことから、非常に分かりやすい。

人生そのものを仮面をかぶったゲームに例え、刹那的な
生き方を目指す主人公。

大型プロジェクトから外した腹いせに、その張本人である
副社長に復讐する誘拐ゲームを計画。

あまりに短絡的な発想に、薄っぺらな印象を拭えないが、
今の若い世代では、最も受け入れられる考え方かも。

東野氏の作品では、「そこまでやるかな~」的印象が強くて
若干リアリティーに欠ける傾向があるがこれも同様。

それでも、全編に散りばめられたトリックの数々とスピード
感がそうした印象を補って余りある。

殺人事件を隠蔽するために仕掛けられたゲーム。
最後に笑ったのは誰だろう?


著者: 村上 春樹
タイトル: アフターダーク

勝手に採点 ☆☆☆

美貌でモデルをしている姉と平凡な容姿だが賢く、自分の
スタンスを崩さない妹。

眠り続ける姉と深夜の町で佇む妹。

二人を取り巻く人間模様を独特の象徴的なタッチで描く村上
春樹待望の新作。

いつもの作品よりかなり抽象的でピンと来ないのが第一印象。

ストーリー云々というよりも、常に眠り続けている姉の存在が
本書のポイント。残念ながら、著者の意図する真意が伝わらな
かった。

妹と姉の知り合いの絡みもアッサリしすぎて物足りない。何と
言っても深夜から早朝までの話しなので致し方ない気も・・・。

それでも惹かれたのは、ラブホテルの従業員と妹のやりとり。
何気ない記憶の引出をいっぱい持ち続けることの重要性。

従業員の生い立ちもさることながら、彼女の一言が胸に沁みる。

村上春樹の新境地を楽しむには、読み手の読解力、想像力も試
される。

「看守眼」

テーマ:


著者: 横山 秀夫
タイトル: 看守眼

勝手に採点 ☆☆☆

警察、司法、行政関係者の日常に巻き起こる事件。
その影響に笑い、泣き、憤り、翻弄される小市民。

その悲喜交々を冷静なタッチで描く短編集。

印象深く引き込まれるのは標題にもなっている「看守眼」

留置場の看守として定年を迎える主人公が、主婦殺人事件の
容疑者を執拗に尾行し、掴んだ真実とは・・・。

一途な気持ちを忘れない男ととっくに新しい生活を始めている
だろう女。やっぱり女は強し!と実感。

女性は、切り替え・転身の早さ、したたかさをしっかり備えて
いるということ。男は適わないな~。

それと「自伝」はなかなか奥深い。

主人公のライターに持ち込まれる大型家電量販店会長の自伝
執筆依頼。会長が漏らした「女を殺した」という一言から
意外な事実が明かされる。

少々作り話臭くはあるが、ラストに係る展開が意外で、両者
の心境の対比が明確なコントラストを描く。

本書の特徴は警察官だけでなく、様々な主人公が登場する点。
そのため、いつもの迫力に欠け、淡々としたあっさり感が強い。

短編なので読みやすいが、ストーリーにどんでん返しやなるほど!
と思わせる納得感不足で物足りない印象は拭えない。

できれば、警察官が主役のハードでドロドロした男の世界を
リアルに描き出して欲しい。

「天使の爪」

テーマ:


著者: 大沢 在昌
タイトル: 天使の爪〈上〉

勝手に採点 ☆☆

捜査中、銃撃により瀕死の重傷を負ったものの脳移植に
よって奇跡的に回復したアスカ。

警視庁の刑事から麻薬取締官に身分を代え、相棒古芳
とともに、同じく脳移植を施されたロシア人テロリスト
との闘いに挑む!

「天使の牙」の続編ということもあって、先に前作を読んで
おけば良かったと後悔。

米ロの諜報合戦が、日本を舞台に派手に繰り広げられる
という現実離れした設定がイマイチピンと来ない。

何と30人以上の警官、ヤクザが殺される!

どうも感情入するのが難しくストーリーに集中できず
読み飛ばすような感じでページをめくる。

上司やCIAの友人関係など、多くの設定があまりに都合
良くできていて納得できない部分が多いのも難点。

特にテロリストの脳移植手術は、いくらなんでもそんな訳
ないだろ!と突っ込みたくなる。

とはいえ、娯楽アクション作品なのでそっち方面で熱くして
くれれば文句はないがそれも期待はずれ。

惨劇が散発して連続性がなく、緊迫感も足りない。
米特殊部隊でさえあっさり殺されるのに、主役の二人は決して
殺されないのも摩訶不思議。

美人で頭の切れるスーパーウーマンでも、読者のハートを
ガッチリ掴むのは難しそう。