❤︎ 今日の一曲 ❤︎


“BABY BABY” 銀杏BOYZ
from album “君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命”
   ※銀杏ボーイズ(峯田和伸)は山形県出身です




❤︎

10月6日の早朝、新小岩に夥しい行列ができました


つけ麺 一燈の四周年記念限定の整理券を求める方々


一番乗り、二番乗りの方は前夜から夜明かしをされたとのこと


気合いが入っています


私も早朝小雨の中、自転車で店頭へ



無事に整理券をゲット


一旦、帰宅し英気を養います


再集合時間に再び店頭へ



当初、整理券配布予定時刻前には完売という人気ぶり


麺友さんとしばし談笑


やがて店内へ



各卓上には蘊蓄が置かれていました


やがて、別皿トッピングと山形地鶏清湯そばが配膳されました



金色に輝くスープ


かけそばスタイル



豪華なチャーシュー4種盛り



雉モモ肉、山形地鶏胸肉、米沢牛ローストビーフ、金華豚バラロール


ツルムラサキ、食用菊といった阿部店長の故郷・山形の食材もトッピング



では、まずはスープから



これはかなり味わいが深い


清湯なのに分厚いスープ


旨みが繰り返し押し寄せるドラマチックな仕様



心の味食品謹製中細ストレート麺


麺とスープとの相性はなかなか


あっという間に麺がなくなってしまいました



続いては、雉白湯そば“キジーン3号”



スープからいただきます



こちらはトロ〜ンと濃密


それでいて後口にしつこさなし


桜えびの使い方が非常に効果的



中太縮れ麺との相性は良好

あっという間にペロリ完食です


表情と味わいの異なる汁そば2杯を堪能


四種のチャーシューも絶品


阿部義貴店長が過去リリースされてこられた数々の限定の中でも三指に入る秀作だと思いました


阿部店長の一燈グループへ入社されてから今までの事を思い出しながら感慨深くいただきました


ごちそうさまでした