❤︎ 今日の一曲 ❤︎


“裸足の果実” EGO-WRAPPIN
from album “Dream Baby Dream





❤︎

5月18日の夕方、電車を乗り継いで京王線仙川駅へ

中華そば しば田へ来て以来となります

今回の目的はこちらのイベントに参加するため






私が愛してやまない九段下の名店八咫烏と仙川の日本酒バー あふぎとのコラボレーション


落ち着いた店構え


「あふぎ」と書いて「おうぎ」と読むとのこと


当日はこのイベントのため貸切営業です

早速、店内へ

和服の女将がお出迎え

参加フィーをお支払いしてカウンター席へ


グラスなどがセッティングされていました


切子のグラスが素敵です

一升瓶が入る日本酒用の冷蔵庫が備えられていました


天井から扇が吊るされています

伊勢志摩サミットの乾杯酒として供された

大吟醸 磯自慢 Nobilumente (静岡)からスタート


料理も供されました



らぁめん小池のサードブランド“キング製麺”の水原氏に特注した烏龍茶練り込み麺を使用したという甘海老の冷製ラーメン



その後、居山氏の料理に合わせてあふぎの女将がセレクトした次々に入手困難な日本酒が供されます



純米生酒 宗玄(石川)

特別純米 飛露喜(福島)

大吟醸 磯自慢 水響華(静岡)

中取り純米 十四代 無濾過生詰め(山形)

斬九郎 純米生原酒 金絞錦 九ノ一(長野)

山廃純米原酒 杉錦 十年古酒(静岡) 


などなど



穂先メンマと一口栃尾揚


名古屋コーチンの味玉 白ワイン風味


静岡産新緑茶と玉ねぎのすり流し


真鴨のロースト


美しいサシの入った和牛


雲丹と和牛のまぜそば


真鴨のかけそば





お腹いっぱい、ほろ酔い気分になりました

ラーメンの可能性と日本酒の奥の深さを改めて体感することのできた素晴らしいイベントでした


居山さん、女将、そしてこのイベントに参加された皆様ありがとうございました