2017年の私 | メメントCの世界

メメントCの世界

演劇ユニット「メメントC」の活動・公演情報をお知らせしています。


テーマ:

2017年の私

 

 

あけましておめでとうございます。

昨年は荒波がざぶんざぶんと打ち寄せるような一年でした。

メメントCを結成して10年目となります。

それぞれの10年でもあり、私も人生の最も変化の大きな10年でした

今年は更にマイペースになりそうです。


昨年はPカンパニー「プロキュストの寝台」メメントC「安全区/Nanjing」「熊本震災劇場支援・ダム・リーディング」、また「彼の僧の娘」試演会、「アイバンクミュージカル・パパからもらった宝もの」などで、東京、熊本、新宮、仙台にてご関係の皆様には大変お世話になりました。演劇はたくさんの力で成り立つもので、一人が頑張ってもしかたなく、それ故、これだけの活動というのは本当に多くの方からのお力によるものです。心より御礼申し上げます。

 

今月22~29日まで横浜ランドマークホールにて、横浜夢座五大路子主演「風の吹く街」作・演出を致します。野毛の闇市の音楽劇です。

秋以降、この執筆ともう一本、まだいつやるか分からない和歌山カレーの話を書いていました。嘉くというのは楽しいのですが、一本は演出を負ったので、作家だったらしないような仕事量となりました。

食道ヘルニアに苦しみましたが、まだはみ出した胃はしょっちゅう痛みます。

そういう体の不調が起きやすい年になったのでしょう。今年は五十歳になる私です。後、一体何本の戯曲が書けるのか?

今年は書いて書いてかきまくります。

 

そういうエネルギーは残っていますが、人間わずか五十年が、あっという間でもないにしても若輩ものの自分にがっかりしたりもします。

たまたま、私の活動を知る演劇と出版の二つの草鞋を履いてる方からお声掛け頂き、これまでやってきた活動を本に書くこととなりました。私がやってる芝居は、メジャーとは程遠いのですが、それでも活動が社会とリンクしていることを認めて下さる方もいたのです。

嶽本あゆ美が劇作と苦闘の演劇スタッフ人生を語る、みたいな内容です。

これは共著で、演劇と社会に関するエッセイ集となります。

「支配を脱するための演劇」が私の受け持ちのパートです。確かに、独立独歩、個人主義の私でした。三人以上は苦手な私がどうしてこんなに変な奴になったのかよく分かるでしょう。

 

現在、執筆中で、アルファベータ社より刊行致します。

本年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

平成二九年 元旦

 

その他の予定

アイバンク啓発ミュージカル「パパからもらった宝もの」

9/22 (金)新宿文化センター/10/4(水)神戸文化ホール

11/3~5日新宿シアターモリエールにて劇団BDP新作ミュージカル書下ろし予定

 

 

mementoCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ