ライ角のトラブル相談について | カスタムクラブ製作提案!
新型コロナウイルスに関する情報について

ライ角のトラブル相談について

恐らくこのブログのどこかの記事を見てご連絡を頂いているものだと思いますがライ角調整に関しての相談や調整そのものの依頼が多い弊社。

 

・ソールに大きなヘコミを付けられてしまった…。直らないか?

・ライ角調整は再メッキ前の方が良いのか?

・ライ角を〇〇度以上曲げてくれない。などなど…

 

そんな中、今からこのロッディオフォージドCCのライ角を全番手3度フラットにしたいと思います。

 

 

ロッディオCCフォージドはソールがこのようにミーリング痕が入っているのでかなりギザギザなタイプ。

 

 

ちょっとしたあたり傷でも大きく凹んで見えるソールだ。ソールはヘコミ傷をなるべく付けずに調整してみたいと思います。

 

それではこの6番を3度フラットの59度に…。

 

 

59度になりました。どうかな?

 

 

ソールとネックはこんな感じです。

 

 

そして全番手3度フラットにしました。

 

 

弊社はご覧の通り”新品”をいきなり曲げることは日常茶飯事です。ユーザー様には曲げた部分のメッキのシワや違和感が出ることに関して了承を取ってはいますが出来る限りのシワや割れを出ないようにしたいのがこちらの本音。

 

今回のロッディオCCフォージドに関して3度曲げたにも関わらずメッキのシワやソールの傷は一切皆無で作業は無事に完了しました。(このような場合もあります)

 

ここからは私の見解ですがネックを物理的に動かすライ角調整やロフト角調整でメッキへのダメージ無しで曲げることは一切無理です!メッキはそこまで粘性がありません。ただし最大限の”努力”は致します。

 

ユーザー様が言いたいことは「曲げることに関して最大限ダメージを出ないような方法を検討、もしくは策を講じての作業をしてくれましたか?」ではないかと常々思っています。

 

私のライ角調整を目の前で見ているユーザー様はいつも数多くいます。しかし私の作業で仮にメッキに傷が付いても誰も文句は言いません。

 

「そこの部分はしょうがないよね…」と納得して頂けます。

 

つまりそれ位傷が付かないような処置を講じて1本1本時間を掛けて作業をしています。1セット1時間以上掛かっての弊社購入新品調整は無料、中古品は1本¥500は安いかなぁ~と…(笑)

 

今日も最大限気を使っての18本ロフトライ角の調整…。

 

その結果はクラブを確認してください。ただし何度も言いますが全くの”無傷調整”は物理的に無理です。

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡