オール試打ラウンド | カスタムクラブ製作提案!

オール試打ラウンド

火曜日はゴルフのお誘いもありましたが金曜日までに天気予報は80%以上の雨!

 

「雨だから止めようか…」みたいなことになって中止になったにも関わらず月曜日に予報は急変して晴れ予報に大幅変更。

 

アイアンのリシャフトを引き取りに来られたメンバーさんに頼んで急遽ラウンド予約することに。

 

・ラウンドは二人だが乗せるバックは3つ

・フルバックでのラウンド

・最終組でのラウンド

 

などわがままを言いたい放題言って事前にゴルフ場から許可を取ることに…。

 

 

あまり欲張っても全部試打しきれないと思いましたが比較もしたかったので気になるクラブを持てるだけ持ってラウンドと言うよりは完全にクラブの”テストラウンド”を敢行。

 

テストにテストを重ねてショットだけで100発位打ってきました。

 

ドライバーの飛距離、アイアンの抜け感&飛距離性能、ウェッジの止まり具合など調べたい項目は山ほどありましたがすべてにおいて一番良かったのがこちら!!

 

 

”ディレクテッドフォースパター”

 

 

グリーン上で構えた時の安心感がとにかく半端無い。ショップでパターだけをみると大きすぎる感もあるがグリーン上で大きさを感じることは皆無。ソールした時の何とも言えないどっしり感は精神安定に大きく寄与した。

 

次に打ち出す方向に対してのアライメント性が完璧。フェースがどこに向いているか?を示すサイトラインが非常に分かり易い。構えた瞬間、すでに自動的にハンドファーストが完成されているので後は距離感を出しながら振り上げるだけだ。

 

バックスイングでのヘッド挙動が大変滑らかで思ったラインにボールを打ち出してくれる。「入る、入らない」はライン読みだけなので打ち方によるミスを実感しないだけに入らなくても妙に自分に納得してしまう…。

 

「ボール1個ラインが違ったね…」

「ここは切れるように見えるよね…」

 

メンバーさんとそんな会話をしながらのパッティングが楽しかった。もちろん多くの場面でパターに助けてもらった。

 

「このホールは300ヤード飛びました!」とか「バンカーに入りました」とかをいちいちスコアに記入しない。そう考えた時に「ゴルフはパターだなぁ~」と帰り道に食事で寄ったこの景色を眺めながらつくづく実感…。

 

 

久しぶりに良いテストラウンドになりました。

 

付き合って頂いたメンバー様もお疲れ様でしたm(_ _)m