ロッディオCCフォージドウェッジ | カスタムクラブ製作提案!

ロッディオCCフォージドウェッジ

ロッディオから発売されたCCフォージドアイアン&ウェッジですが予想通りに入荷が少ない。そんなCCフォージドですが研磨に携わった千葉氏と言えばもともとウェッジ研磨が有名…。

 

ロッディオではそんな千葉氏の研磨技術を3Dスキャンして削り出し製法によって製作したものが今回のウェッジだ。特にバウンスの角度は3Dスキャン技術によって寸分狂いなくマスターヘッドと全く同じバウンス形状が可能だ。

 

人間の手によるわずかな製作誤差も一切皆無。

 

”これは何か顔が違う!”

 

そんな違和感を無くしたいからこそ削り出しに拘ったと言える。

 

【ロッディオCCフォージド 58度】DG S200 ※スパイン調整

 

 

特に”抜け”にこだわったソール。

 

 

たまたま58度は引き合いが無かったので即納となった…。今月末には48度/50度/52度/58度がもう一度だけ揃うがこれが無くなると次の入荷は11月だ…。

 

入荷が無いだけに販売を焦るものでは一切ありませんが今後の確定入荷状況だけはお伝えします。

 

【三浦技研 MG-R01 52度/57度】DG120 S200 1番手ソフトずらし

 

 

~クラフトマンカスタム~

CB-1008追従形状(CB-1008の流れに沿った形状)

52度/リーディングカットソール

57度/ラウンドソール

刻印色:色抜き

ライ角:1.5度アップライト

 

本日はともにメーカーを代表する最高なウェッジの競演でした。