ロッディオ パーソナルカラーセレクション始まる | カスタムクラブ製作提案!

ロッディオ パーソナルカラーセレクション始まる

「これはメーカーも大変だがショップもなかなか大変な仕事だ…」

 

弊社はこれまでに細かい受注も受けてきた自負はある。しかしこれらを今までの仕事にプラスすることはさらに大変な労力になるだろう…。

 

”ロッディオパーソナルカラーセレクション”

 

 

ロッディオのシャフト工場をフルに活用した他の追随を許さないパーソナルカラーオーダーシステムがついに始まった。

 

この意義は、これまでのロッディオの製作にプラスして”唯一の一本”を可能としたオーダースーツや超高級外車に通じる非常に細かいところまでのオーダーを今後掘り下げていく。

 

ロッディオはご存知一人一人に応じたフィッティングオーダーシステムだ。重心ポジションを変化させ、フェースアングルを変化させ、弾道に合わせたソールデザインに変える。それにプラスして今後は見た目のデザインも個々に応じて選択出来るようにする。

 

以前にもカラーオーダーシステムは存在したが今回はそれを踏まえてのフルモデルチェンジだ!

 

手始めにシャフトから…。

 

シャフト全体のカラーリングを選択出来る。艶あり、艶無しの選択も忘れずに…

 

 

次にシャフトのデザイン選択&ロゴ色選択。

 

ソケットも2種類10種類を用意

 

 

さらにホーゼルまで…

 

 

「とんでもないことになってきた…」

 

ある程度のことに関してはついてきた弊社だがこれをドライバー、FW、UTの個別に行ったら大変だ…。

 

ロッディオはご存知の通りボディ、ソール、スクリューと言うような注文が出来る為に構成部品をひとつずつ注文して不備がないように確認に次ぐ確認が必要だ。実は、そんなご注文を昨日頂いて発注業務だけで今日はなかなか大変だった…。

 

なお、上記を一同に展示出来る什器の手配も真剣に考えたが残念ながら弊社は見送った…。ただし、ソケットやホーゼルの展示は店内に場所を設けて展示させて頂きます。

 

ロッディオパーソナルカラーセレクション始まります!

 

パーツ系メーカーは三浦にせよロッディオにせよ新機軸を打ち出し始めましたね。確かに製作上大変なことも多くなりましたが弊社はこの動きを応援しています!

 

【三浦技研 KM-701 58度】DG S200

 

 

明日は弊社定休日の為にブログもお休みです。