シャフトの差し込みを直してほしい… | カスタムクラブ製作提案!
2018年10月28日(日) 19時48分52秒

シャフトの差し込みを直してほしい…

テーマ:エポンゴルフ(EPON)

2本ともシャフトの差し込みが斜めに入っているので入れ直して欲しいと依頼を受けたクラブ。

 

「ついでにこのウェイトもヘッド内で調整してみてはどうですか?」と提案。

 

 

7.5gとはなかなか重いウェイトですね…。

 

 

ここからグルーをソールに入れてヘッド重量を調整します。

 

 

このウェイトホールから貫通する中空ヘッドなのでこれを使わない手はない!ここからグルーを調整すればシャフト先端に7.5g入っているよりもかなりヘッドの特性が変化して打ち易くなるだろう。

 

ユーザー様よりヘッド重量を250gに合わせて欲しいとの要望でその通りに調整する。

 

 

完璧です!

 

 

「いや、なんか本当に打ち易くなったよ~」と…。

 

確かに7.5gの位置がネックからソールに変化すればさすがに変化はあると思う…。

 

なお、打球感と打球音の変化はまったく無い!とのこと。結構な量を中空内に入れたのでフェースの振動を吸収して打球音に変化を与えるのではないか?と心配しましたが安心しました。

 

【エポン AF-155i US】米 US65X

 

 

いや~良い顔してます!コレ…。ヘッドカバーも大幅に変わりましたね!

 

 

【ロッディオUT U5】ステラ6

 

 

クラブ調整は正直言えば気持ちの部分も大きい。ただ、ライブキッチンのように目の前で現状を把握して修正したことがキッカケでクラブの調子に変化を感じればそれは安いことだ。

 

メルサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]