39.0インチの5Wをチューニングする ”ロッディオFW” | カスタムクラブ製作提案!
2018年08月11日(土) 22時07分35秒

39.0インチの5Wをチューニングする ”ロッディオFW”

テーマ:ロッディオ(RODDIO)

本日も常連様のチューニング依頼のフィッティング。

 

「贅沢な悩み何ですがロッディオFWが飛び過ぎて…。3Wと5Wの飛距離があまり変化が無く。しかもJB502の4番も飛び過ぎて20度のUTと距離差が全然ありません。」

 

整理するとセッティングは

 

・ドライバー

・3W

・5W

・3UT(20度)

・4番アイアン(22度)

 

ロッディオFWには良くありがちな悩みですね。3Wと5Wの距離がほぼ同じ位飛ぶ。そしてJB502のアイアンも良くある飛びすぎる悩みです。

 

”3W/5Wと4番アイアンの飛距離差はどうなの?”と聞けば…

 

「ここは離れています」とのこと。

 

つまり7Wか18度のUTを新調するか?あるいは5Wを飛ばなくするか?3UTを飛ばすようにするか?だ。

 

「5Wと3UTは抜こうと考えています」とのこと。

 

”であれば5Wを飛ばなくするか?”

 

これが5Wのスペックか…

 

 

DG X100が装着されている…。

 

 

”なるほどね…”

 

よし、このヘッドにUT用のホーゼルを装着して1度ロフトをストロングにする。そしてUTに装着されていたアイアン用のDGを5Wに装着してヘッド重量をそれなりに上げて様子見だな。

 

「そんなこと出来るんですか??」

 

”ロッディオだから出来るよ”

 

 

39.0インチの5Wが誕生だ。

 

レングスを短くしてヘッドスピードを落とす。しかしヘッドがウッド系だからそれなりに飛距離も出る計算。

 

「凄いですね!!ロッディオって…」

 

他社メーカーなら絶対に出来ない芸当だけどね(笑)

 

完成した5Wを持って早速、二人で打席に行って試打。

 

”どう?39.0インチのロッディオ5W”

 

「これ無茶苦茶良いですよ!!」

 

そのシャフトを装着してそれだけ球が上げれるのは○○さんだからだよ(笑)

 

「ありがとうございます!!」

 

お土産まで頂いてありがとうございますm(_ _ )m

 

メルサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]