2017年11月16日(木) 23時59分59秒

終始ロッディオメンテナンスチューニング

テーマ:ロッディオ(RODDIO)

ロッディオのメンテナンスチューニングには波がありますね。

 

一気に来る時はたて続けに入ってきます。今日もそんなチューニングを朝から数本行っています。

 

そんな中、「FWのスクリューが外れかけた…」との来店がかなり多いです。やはりソールのスクリューは地面と接触する為に緩みやすい傾向にあるようです。ソールのスクリューをはめるレンチはコンシェルジュしか取り扱っていません。基本的にはネジロック剤が塗ってありますが接着剤で軽く止める方法もありにはありです。

 

「あくまで軽くですが…」

 

緩みだすと特有の弾き音が大きくなります。またねじ山と形状はかなり浅く特殊な構造なのでご自分で回すことは控えてください。

 

さすがのロッディオも中古品が出回っています。弊社にも中古で購入されたクラブの持ち込みが多いですが結構リシャフトされたロッディオFWが多く見受けられます。持ち込みされた時にリシャフトの判別は一目瞭然…。

 

必ず社外品のソケットが装着されていますね…。初期アッセンブル時にはソケットが必ず添付されていますが私はリシャフトした時にも100%純正ソケットを装着することにしています。

 

 

その時にいつも思うのがホーゼル大丈夫かな?と…。シャフトだけ熱を加えて抜くことは不可能、必ずホーゼルも熱が加わって接着面の老化をかなり進めているものだと思うのですが…。

 

【ロッディオFW 5W】ペンタクロスF-5SR

 

 

【ロッディオUT 3UT】ステラ6

 

 

【ロッディオUT 5UT】ステラ6

 

 

ロッディオの修理はコンシェルジュをお勧めします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターMPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿