夜中に熱が38度あったのが37度代に。

熱っぽいけど風邪ひいたような辛さはない。

とにかくいつもより暑がりだったような?

足がいうことを聞かないのでずーっと仰向け寝で夜が明けました...


先生も看護師さんからも

「次の日は歩く練習するからできそうだったら寝返りしといてね」

って言われたけど、麻酔が効いてて無理ですた叫び


ご飯は10倍がゆだったかな?

お惣菜がわりのものも全部ペースト。

でも味はおかずの味...

味と見た目の違和感があって脳と舌は受け付けられず珍しく残してしまったショボーン

ご飯と授乳以外はずっと居眠り。

まだ麻酔が効いてて看護師さんの説明の途中で寝てしまう始末ガーン

朝ごはん食べれる頃にはやっと足は動かせるようになったので、

いよいよ歩く練習...の前にまず立ち上がるところから。

ほぼ一日寝てたくらいで立ち上がれん訳がない!

...と思ってだけど、まず足動かすことが辛いガーン

お腹切った所に力入るから、
痛みに怯えてなかなか体が動かしにくいんだよね。

背中に麻酔チューブがしばらく入れてて、ボタンを押して調節。

このボタンの見た目がナースコールと似てるから間違えないようになるべく押さないようにしてましたが、

立ち上がる練習してる時はしばらくお世話になるなぁあせる

めいっぱいベットを背もたれにするくらい上げて、

麻酔もめいっぱい入れて何とか横向きに座って

降りる準備が出来るのに5分くらいはかかったかも...チーン

じゃあ次は立ち上がる練習を、
と言われてやってみるけど足を踏ん張るのが大変!

え?立つのってこんなに難しかったっけ?

そもそもどうやって立ってたっけ?

普段考えないことだけど、立つって色んな筋肉使ってるって事なのね...

点滴に捕まったり看護師さんに捕まって立てたけど、同時に頭がサーっと青ざめてしまう。

うぷ...

きもちわるい...滝汗

看護師さんと看護実習生さんも私の表情を見て
慌ててましたねー。

幸い吐かなかったけど、立つことで血圧が下がったみたいで昼ごはん後にもっかい練習することに。

あー...立ち上がるのがこんなに辛いなんて(涙)


そしてお昼の後に再び挑戦!

横向きでスタンバイ準備で息切れしつつ、何とか立ち上がれるようになった!

はたから見たら産まれたての子鹿みたいな姿だと思います^_^;

そしてトイレへ...ベットから降りてすぐなのにものすごく辛い。そして痛い。

点滴に捕まりゼェゼェ言いながら何とかトイレに入って座ることができました。

しかし...恥ずかしいけど、用を足すのも痛い!

カテーテルのせいなのか?いやしかし膀胱そのものも痛いような?

と、痛みを乗り越えて何とかトイレmission完了です(笑)


その日はやっぱり眠気が酷くて寝て過ごしてましたね。

どんだけ麻酔効いてるんやアセアセ


ふと思った。

歩くのにも苦労するのに、
お腹の痛みとか引きずって回復にも時間かかると思うし...

足に力入らないし...

果たして元の状態で歌えるんだろうか?

よく歌ってる人とかで声帯手術してる人もいるけど、

元どおり歌ってるってすごいよなぁ。

体に異常がないのがやっぱりいいよなと改めて元気でいることのありがたみを感じました。



続く...長っ。