トリートメントも一通り習い終えた頃、先生から「来週までにケース1例書いてきてね~ドキドキ

と、恐ろしい宿題が出ました滝汗

 

ら、らいしゅう!?いつやる暇あるのよチーンと絶望しつつも、職場の同僚に声を掛け、

仕事帰りに私の家まで来てもらう事にしました。

 

普段はかなりおちゃらけて話をしていますが、いざコンサルテーションを取り始めると、

お互い緊張してしまい、不思議な間が流れます真顔・・・

 

想像以上に疲れてるんだなぁ、色々苦労してるんだなぁと感じた私は、

同僚に「心身を休めてリラックスしてもらう」という短期目標と、

「夜間中途覚醒なく朝までぐっすり眠れるようになる」という長期目標を立てました。

 

リラックス目的で精油をチョイスしますが、これがまた苦戦しましたあせる

同僚はアロマにあまり興味がなく、香りになじみがないというタイプだったのです。

候補の精油を色々嗅いでいただきますが、「わっ、きっつ~」「くっさ~」とことごとくダメ・・・ゲッソリダウン

嗅いだことはないけど唯一「いい香りドキドキ」と言ってもらえたゼラニウムと、

なじみのあるラベンダー、オレンジスイートでボディのブレンドは決まりました。

(ちなみにフェイシャルは定番のラベンダーにしました。)

 

緊張しながらトリートメントを開始しましたが、すぐに手技が分からなくなり手が止まります。

こういうこともあろうかと手順書を手元に置いておいたのに、それを見ても

「えっと何だっけなぁ」とつぶやく始末汗汗汗

本当に最低レベルのトリートメントを提供してしまって申し訳ないしょぼん

 

「あれっ、えっとぉ~あせる」を繰り返しつつも、何とか一通りのトリートメントは終えることが出来ました。

こんなとんでもないトリートメントでも、「寝そうになっちゃった」と言ってくれた同僚の優しさは一生忘れません笑い泣き

 

同僚をお見送りした後はすぐに記録に取り掛かります。

提出期限は2日後なので、睡眠時間を削って、必死にPCに向かいます。

ウンウン唸って、文章を入れては消して・・・ようやく前日の夜出来上がりましたキラキラ

 

60症例の内51例はこのケースを書かなきゃいけない。

こんなに苦しんで今1/51かぁ~ゲローオエッ

と軽く絶望しましたDASH!

 

そしておまぬけな私は、翌日このケースレポートを忘れて学校に行ってしまい、

更に深く絶望したのでしたわらい

 

少し前のブログで、緊張度&不器用度MAXだった実技の授業のことを書きました。→

 

手技がなかなか覚えられず苦戦する中、不安だったことがもう一つありました。

それは、症例が始まったらクライアントをどう確保しよう?って事です。

 

私は実家を離れて暮らしており、友人は地元ばかりで、今の生活環境では職場関係の知り合いが殆どです。

いちいち帰省して実家の家族や地元の友人にクライアントになってもらうことは、物理的・時間的に不可能DASH!

 

知人レベルの人たちに“お身体貸して下さい!”って言っていいものかなぁ・・・うーんはてなマークはてなマークはてなマーク

とウジウジしていたら、ありがたいことに色んな方から「モデルさんになるよ~パーアップ」と声を掛けてもらえました。

職場の女性陣はもとより男性陣までビックリマーク

あとはお知り合いになったスクールの先輩達もドキドキ

そしてもちろんクラスメイトのみんなも。帰省した時には友人にも。

 

気付けば11人のクライアントにご協力いただいて、60症例無事に終えることが出来ました笑い泣きクラッカー

 

私のように家族や友人が近くにいない受講生さんもいると思います。

「クライアントが見つからないかも汗」という時はスクールに相談してみるといいと思います。

私は近くに住んでいる先輩を紹介してもらえました。

 

あとはクラスメイト同士で症例を取っていいのなら、凄い助かりますよねウインク

(クラスメイトの家族に頼んでみるのもいいかも音譜)

 

それからネットで検索すれば、「練習相手募集」的な掲示板も出てきました。

(ちょっと懐かしいmi〇iとか。でもこの手を使うなら慎重に、自己責任で行う事が大事ですね!!)

 

症例前は「どうなることやらアセアセ」って思ってたけど、やってみれば何とかなりましたチョキ
もちろん指をくわえてボンヤリしてるだけではダメだけど、自分なりに出来ることを考えて声を上げていけば、協力してくださる方は見つかりますキラキラ

 

 

 

 

 

 

香りを繋ぐ

これから夏本番、うっとおしい時期が続きますねあせる

 

衣類と靴の消臭対策を兼ねて、手作りのアロマスプレーをいつも持ち歩いています。

 

精油のブレンドは特に決まっていないのですが(適当とも言うドクロ)、消臭や抗菌効果が期待できるもの、トップノートで香りが長時間残らないものを中心にチョイスしています。

 

先日いつもの如くロッカーでシュッシュ消臭スプレーとスプレーをしていたら、同僚から「そのスプレーを買いたいです~ちゅー」と声を掛けられました。

「えっ、買いたいなんてとんでもない!!丁度今晩作ろうと思ってたから、多めに仕込んでお分けしますよウインク」と話して、翌日レシピと注意事項を添えてお渡ししましたプレゼント

 

同僚は私がスプレーするたびに香りに癒されていたらしく、同じ香りをお店に探しに行ったけどなかったそう。

(そう言ってもらえると嬉しい~ラブラブ)

 

私にとってはただの消臭対策スプレーでも、他の人からすれば癒しの香りになるんですね。

「香りだけで癒されるんだから、本当に不思議ですよね爆  笑」という同僚の言葉でハッとしました。

そうだ、私もアロマに興味を持った頃、同じことを思ってたビックリマーク

アロマショップで色んな香りに触れて癒されたり、行くたびに香りの印象が違うものもあり、「香りって不思議~びっくり」って思っていたのでした。

 

 

アロマセラピストとして、トリートメントを提供することももちろん大切ですが、

アロマに興味を持ってくれた方に香りを繋いでいくことも、セラピストの重要な役割だよな照れと感じた出来事でした。