草履トラブル そして奇跡 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―

一昨日、草履の底が剥がれてウレタンのかけらを撒き散らしながら街を歩き、地下鉄に乗り、パーティに出席したという記事を投稿しました。

 

実は草履底トラブルはこれで3度目なんです汗

草履は長いこと放置しておくと、接着剤が化学反応を起こすんでしょうかね。

 

草履に限らず経年劣化しやすい。

ここぞという時に履こうと大事にしまっておいたオシャレな靴の底が剥がれたなんていうことも。

だから草履も靴も大事にしまっておかないで、どんどん履いた方がいいってことね。

 

さて今を去ること10数年前、小杉会のメンバーとカフェに向かう道すがらのこと。

着物姿の私は草履に違和感を覚えます。

 

見れば、草履底のつま先部分がベロ〜んと剥がれて歩くたびにパカパカ、歩きにくいことこの上ない。

う〜ん、困った。このままじゃ草履が分解しちゃう汗

 

「どこかにゴムでも落ちてないかなぁ」

本体と底を固定して急場をしのごうと思ったんです。

そんな都合よく道に落ちているわけないですよね。

 

と、ところがです。メンバーのWさんが目ざとく見つけたんです目

よくもまあ、タイミングよく、路上に、しかも目の前にゴムが落ちていたものです爆  笑

 

今思い出しても信じられなくて、もはや奇跡としか言いようがない!!

小杉会のメンバーが証人です。

 

そしてそれから数年後、またまた草履底トラブル叫び

いい加減学習しろよむかっと自分に言いたい汗

 

着物姿で友人のTさんと電車に乗っているときのこと、これまた足元に違和感。

また、やっちまった〜ドクロ草履底のパカパカ。

 

「ああ、ゴムがあればいいのに。セロテープでもいい」と騒いでいたら、

隣に座っていた見も知らないオジさんが「持ってるよ。これ使いな」とセロテープを恵んでくれました。

 

なんというタイミングでしょう合格これで事なきを得ました。

嘘みたいなホントの話でTさんが証人です。

これもある意味、奇跡です。

 

そんなこんなで私はを使い果たしたのか、宝くじだってオリンピックのチケットだって当たらずじまい爆  笑

今回は草履の底全体が剥がれてしまい、ゴムもセロテープも役に立たない状態でしたえーん

 

これからは事前に草履を丹念にチェックして試し履きしてから、お出かけすることにしましょ。

少しは学習したでしょウインク

 

ペタしてね