ハッピー フレディ! | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―

今日は久しぶりにスッキリ晴れて、気温はぐんぐん上がって夏日となりました。

 

今朝、BSニュースでトリビュート・バンド(tribute band)を観ました。

有名なミュージシャンやバンドに敬意を表し、本家の楽曲を演奏したりパフォーマンスをするバンドです。

 

昔はコピーバンドとかカバーバンドと言っていたような。

むか〜し鳥取でビートルズのコピーバンドのライブに行ったことを思い出しました。

 

サウンドも本物そっくり、メンバーの初期のヘアスタイルファッションまで忠実に再現されていました。

バンドメンバーは全員日本人だったけどね爆  笑

 

ライブはそれはそれで楽しかったけれど…

うまいこと似せてるなぁビックリマーク芸が細かいなぁビックリマーク

と感心はするものの、当然のことながら物足りない。

 

それを、まがい物だの偽物だのと悪く言うつもりはありませんが、しょせんはそっくりさん

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

番組ではクイーンのトリビュートバンド、その名もALMOST QUEEN(ほとんどクイーンウインク)を取り上げていました。

彼らのパフォーマンスは鳥取のデジャヴだわ〜叫び

 

思えば、今日はフレディ・マーキュリーの生誕73年なんですね

今まで、この日を意識することはほとんどありませんでした。

 

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットでクイーンが再ブレイク、フレディへの注目度は上がるばかり。

だから今日という日をマスメディアが盛んに取り上げるのでしょう。

 

来年1月にはクイーン+アダム・ランバートの来日公演がありますが、私は聴きに行くつもりはありません。

リアルタイムのファンとしてはフレディの歌声じゃなきゃイヤなんです。

 

トリビュートバンドのニュースを伝えていた、やたら日本語が上手い(ほとんどネイティブウインク)アメリカ人がこう締めくくっていました。

今日は金曜日、Happy Fridayビックリマーク

Happy Freddie!!

 

ペタしてね