ペット 0Kです | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―

昨日はオランダのAさんと初めてのレッスンでした。

以前、その近くでレッスンしたことがあるので多少の土地勘があると過信しておりました。

 

しか〜し、迷っちゃった汗

おまけに途中で雨も降ってくるし、ギリギリセーフの滑り込みでした。

 

ドアが開いてAさんと共にでっかい白い犬が登場。

ワンちゃんはえらく興奮して私の周りをぐるぐる爆  笑

 

人が来るとはしゃぎ始めて、落ち着くのにしばらく時間がかかるとのこと。

でも、吠えられるよりはずっといい合格

 

撫で撫でしながら、きちんとワンちゃんにもご挨拶。

しばらくすると落ち着いて、レッスン中は足元でじっとしていました。

 

レッスン条件に関して、語学講師派遣会社からの質問に「ペットがいても大丈夫か?」という項目があります。

中には動物が苦手の講師もいるでしょうからね。

 

私はもちろんOKですグッド!

思えば、歴代の生徒さんのお宅にもペットがいました。

 

オーストラリアのTさん宅には大型犬と、気位の高そうな猫がいました。

レッスンが始まると2匹とも別室に移されますが、毎回ご挨拶はしっかりしてました。

 

メキシコのMさん宅には、心優しい大型犬お茶目な小型犬がいました。

レッスン中に小型犬は私の足元にずっとまとわりついていました。

こうなると可愛くてしょうがないんですよニコニコ

 

オーストラリアのMさん宅には、それはそれは美しい黒猫がいました。

その名はサリー、テキストの上に乗っては、あれこれちょっかいを出してきます。

 

Mさんによれば、サリーはなかなか人に懐かないのに珍しいことだと。

You are a cat personとも言われました。

 

実は私、アレルギーがあるので猫は飼えないんです。

でも、こうして毎週のように猫と触れ合ったのは本当に楽しい経験でした!!

 

MさんとはFacebookでつながっています。

ときどきアップされるサリーの写真を見ては、あの頃が懐かしく思い出されます。

 

明日もAさんのレッスンがありますが、ワンちゃんに会うのが今から楽しみです。

Aさんは明るくてフレンドリーな方、楽しいレッスンできそうです。

 

ペタしてね