パエリャランチ | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―

昨日は渋谷でのレッスン後、渋谷ストリームで夫と息子と待ち合わせ。
 
パエリヤ専門店のチリンギート エクリバでランチです。
バルセロナで一番美味しいという評判の店が、昨年日本に初上陸しました。
 
以前、空港時代の友人Iちゃんと行って美味しかったので、どうしても家族にも食べさせたくて。
 
まずはスパークリングワインで乾杯。
前菜はエスカベッシュ、桃とカッテージチーズ、水ダコとセロリ。
これを3人でシェアしましたが、一人分ずつお皿に盛って欲しいところ。
 
このパタータスブラバスがボリューム満点。
ちょっとピリッとしたアイオリソースとマヨネーズは揚げたて熱々のポテトとの相性抜群。
 
サラダはオレンジとナッツのトッピングがオシャレ。
柑橘系のドレッシングが爽やかでした。
 
お待ちかねのパエリャは店の名がついたスペシャル、パエリャエスクリバ
これは一人当たり600円の追加料金で。
 
二種の海老、ムール貝、あさり、魚、イカと具沢山。
鍋にへばりついた香ばしいご飯をこそげ取って食べるのも楽しい。
 
焦げ目が特徴のチーズケーキはカロリーがめちゃ高そう。
クッキーのかけら(?)付き。
 
私が作ったパエリャはこちら。店のとは大分違う汗
サフランとパプリカパウダーでオレンジ色になっています。
 
店のパエリャは味に何とも言えぬ深みがあります。
それは濃厚な魚介スープがたっぷり使われているからでしょう。
 
店と勝負する気はないので家庭の味ということで良しにしましょ。
 
ペタしてね