プリンセスとの昼食会 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

このところ遊びすぎて、先週はレッスンのスケジュールにしわ寄せが…

 

生徒さんにお願いしてレッスン日程を変更してもらいました。

おかげ様で心ゆくまで遊ぶことができました。

 

先日、フランスのNさんが嬉しそうに

フランス大使館のイベントで、日本のプリンセスランチをします」

 

はてはてなマークプリンセスってだれなんでしょうはてなマーク

愛子さまは学校にいるだろうから、あり得ないでしょ。

 

何かと話題の眞子さま?あるいは佳子さま?

疑問が残ったままでしたが、Nさんが昼食会の様子を話してくれました。

 

プリンセスというのは高円宮久子さまでした。

東京オリンピック招致の際に尽力されましたよね。

 

Nさんは久子さまがフランス語が堪能だと驚いていました。ネイティブのお墨付きです!!

そして優雅で、とても優しそうだったとも。

 

来賓挨拶の後は尺八などの和楽器を交えたコンサート。

Nさんにとって初めて聞く音色でした。

 

昼食はビュッフェではなく着席でフレンチ、とても美味しかったそうです。

そりゃそうだよね。ホテルオークラのシェフが腕を振るったんだから。

 

メニューを見せてもらいましたが、ゴボウなどの和の食材も取り入れられていました。

舌の肥えたフランス人を唸らせるとは、すごい!!

 

Nさんは、とてもいい経験だったと言っていました。

もし、夫の赴任先の外国で日本大使館主催の昼食会に出席したら…

 

日本語堪能なロイヤルファミリーの一員と会い、異国情緒たっぷりの音楽を聴き、外国人シェフが現地の食材で作った本格的な和食が出てくる。

つい、こんな想像(妄想?)をしちゃいましたウインク

 

ペタしてね