関西2日目 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:
息子はつつがなくコンサートを終え、尼崎駅前のホテル(予めツインを予約チョキ)に無事にチェックイン。
ひとしきりおしゃべりした後、二人とも爆睡ぐぅぐぅ
 
翌日は、はやる気持ちを抑えながらなんばグランド花月へ。

 

劇場の向かい側にはこんな看板が。

私たちはこれだけでテンション上がっちゃいます。

 

チケット購入の窓口の列に並ぶも時すでに遅し、立ち見席のみの販売となり、あえなく撤退えーん

おめおめと帰ってなるものかとロビーを探検。

さすが関西、商売っ気たっぷりだねウインク

 

転んでもタダでは起きない私たち爆  笑

2階で吉本の歴史が一目瞭然の資料を見ます。

戦時中の漫才の台本です。

 

吉本のルーツです。

 

そして法善寺へ。

 

苔むした像に手を合わせます。

 

なんばを散策していたら、ド派手な串揚げの店。

街に自然に溶け込んでいるのがすごい!!

 

平日の月曜日にも関わらずこの人出。

 

有名なスポット、戎橋からグリコの看板を見ます。

 

昼食は、ちょっと落ち着いた高級感漂う店で穴子丼をいただきました。

もっと豪勢にやろうと思ったものの、おやつにタコ焼きを食べるため抑えましたウインク

 

道頓堀沿いを歩くとドンキホーテの観覧車。

 

これを見て、思わず乗りたい!!

その名も「とんぼりクルーズ」しっかり乗りましたよ。

 
こてこての観光は、トドメの通天閣へ向かいます。

ここが面白過ぎて、つづきは後日パー

 

ペタしてね