長崎観光その2 唐人屋敷跡 旨いもん | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:
長崎ではホテルにチェックインしてからの移動手段は路面電車でした。
駐車場を探さなくていいし、お酒も飲めますからね。
何より、ゆったりとしたスピード感が好きです。
 
長崎新地中華街は大層な賑わい。

これで中華街は横浜、神戸、長崎を制覇。

 

長崎の街は日本、西欧、中国の文化が融合していて面白い。

 

ほど近い唐人屋敷跡を散策。

 

時間が遅かったので内部の観覧はできませんでした汗

写真を撮ったものの何の建物かさっぱり分からずググって調べました。

 

こちらは土神堂(どじんどう)。土地や家を守る豊作の神様が祀られています。

 

天后堂(てんこうどう)。航海安全を祈願し天后聖母(媽祖)が祀られています。

 

ここは銭湯?タイルと緑の桟がどこかエキゾチック。

どうやら営業はしていないみたい。

 

新しい建物ですが景観を考慮して建てられたのではないでしょうか。

 

折りたたみ式のゴミ取集用のカゴがありました。

これなら使わないときコンパクトになって通行の邪魔になりませんね。

 

ホテルのコンシェルジュ(中年男性)お薦めの居酒屋へ。

どうやら生簀があるというのがポイントらしい。

大衆的な店でお値段はお安め。

 

海鮮サラダは野菜より魚の方が多い。

 

お造りは無造作に盛られていますが、新鮮で美味。

 

揚げ出し茄子。

他にも食べたけど写真撮るの忘れちゃいました汗

 

〆は鮭茶漬け。

 

そして焼きおにぎり。

 

店のトイレには長崎らしくステンドグラスの装飾。

 

たらふく食べて飲んで長崎の夜は更けていきました。

見所が満載の長崎は是非もう一度訪れたいものです。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ