平成最後のライブ | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

GW3日目だというのに、いつもと変わらぬ休日です汗

 

ご飯を三食作り、撮りためたドラマを見て、あっという間に時間が経ってしまいます。

他にやることといえば、登録している語学講師派遣会社に月末書類をポータルサイトから送ること。

 

さて先週の金曜日に渋谷のRuby Roomのライブに行ってきました。

 

トイレの内装は、ちと頽廃的で淫靡な雰囲気。

私とは程遠い世界、ちょっと惹かれますウインク

 

パーカッショニストのケンジさんによるヒーリング音楽。

それに合わせてダンサーの美乃さんがしなやかに踊ります。

 

最後はみんな総立ちで盛り上がります。

 

Jerryさんのイケてるギターソロをどうぞ。

 

Jerryさんは日本語教師仲間のCさんの友人で、れっきとした日本人。

ロックミュージシャンは破茶滅茶で自堕落な生活をしているものだと長年思い込んでおりました。

右上矢印一体どこで刷り込まれたんだろうかはてなマーク

 

ライブに行くようになってから、そうでもないことが分かりました。

Jerryさんはもう半年近く断酒を続けているし、タバコも吸いません。

 

アメリカで武者修行していた頃、ヤンチャしてたかどうかは知りませんが。

今は健康的な食事(しかも自分で料理して、その腕前もなかなかのもの)を心掛けています。

 

ただ今62歳で、お孫さんまでいるんですよ。

話をしても常識人で、とにかく友人が多い。

他のミュージシャンとも話す機会があるのですが、ちっとも自堕落な感じがしないんです。

 

Jerryさんは今年インフルエンザから肺炎にかかり、一時は声が全く出なかったとのこと。

もうライブは最後になるかもという話を聞いていました。

 

いやいや、伸びのある声は健在でまだまだ続けると聞いて一安心。

令和の時代もやってくれるでしょう。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ