イベント成功 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

今朝起きてテレビをつけたら、ノートルダム寺院の尖塔が燃えている映像が目に入ってきて驚きました。

石造りの建造物だから燃えないと思い込んでいたけれど木造部分も多いとのこと、知りませんでした。

 

今日のレッスンでは日米ハーフのKさんとこの話をしました。

ちょうどKさんがPCを持ってきたのでニュース検索をして記事を読みながら。

 

N1に合格した後もレッスンを継続する人はあまりいませんが、Kさんはその数少ない生徒さんの一人。

主にビジネス日本語を勉強していますが、ときには新聞や雑誌の記事を読んでディスカッションすることも。

 

先週の水曜日にKさんはイベントの司会という大役を無事にやり遂げました。

初めての経験とのことで、私は準備段階から日本語表現を中心にアドバイスをしました。

 

一生懸命勉強して練習を重ね、自信を持って当日を迎えました。

ところが、当日のイベント直前の打ち合わせで変更が出たものだからKさん大慌て。

 

各部署のトップから、こうしろ、ああしろと要求が出されました。

それに応えるべく、Kさんはディスプレイ用パワポの資料を大急ぎで加筆、修正。

 

それだけでも大変なのに、それを日本語で解説するとなるとKさんには荷が重い。

それでも何とか本番に間に合わせました。

 

当日のイベントの写真を見せてもらいましたが、そこにはKさんの素敵な笑顔。

社内での評判もよかったようで私もホッとしました。

 

プレッシャーから解放されたKさんですが、今回のイベントの成功を受け次なるイベントが計画されているとか。

次回は事前の打ち合わせは当日じゃなく、遅くとも前日までには終えたいというのがKさんの本音です。

 

「イベントを通して本当に日本語のいい勉強になりました」とKさん。

またひとつ成長しましたね。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ