予想が外れた@新元号 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:
昨日は朝から晩までテレビでは新元号に関する報道が続きましたね。
 
官邸の動きが刻々と流され、合間にコメンテーターがああでもない、こうでもないと。
ここまでやる必要があるのかと思いつつ、つい見てしまう私。
 
11:30の発表まで、まだかまだかと固唾をのんで待ち構えておりました。

 

テレビの下には夫予想の新元号を書いた紙を置くという念の入れよう爆  笑

「光天」こうてんと読むらしい。

右上矢印内心、これはないなとウインク

 

昼からはレッスンなので、遅くとも11:35には外出しなければなりません。

10分遅れで発表されたので、その歴史的瞬間には自転車に乗って渋谷に向かっている真最中。

 

レッスン場所のオフィスビルに着くやいなや、スマホでネットニュースをチェック。

新元号が「令和」(れいわ)だと知りました。

その由来は万葉集大伴旅人が太宰府で宴会を開いた時に詠んだ歌から引用されたとのこと。

 

(みやび)で響きもいい、何より文化の薫りがします。

日本人としてちょっと誇らしい。

 

実は、私は一度も号外というものをもらったことがないんです。

昨日は千載一遇のチャンスだったのですが…

 

レッスンでタイミングが合わず、手にすることはできませんでした。

せっかく渋谷駅周辺にいたのにねえーん

 

帰宅したら「光天」の紙は取っ払われていました。

見事に外しちゃったもんね〜爆  笑私の「安」が付くという予想も大外れ汗

 

「令」や「和」が使われている名前の人は代金が無料になったり割引になったりする飲食店も現れました。

息子の名前は「和」が入っているので、この時期はお得にご飯が食べられるかもウインク

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ