チームラボボーダレス@お台場 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

昨日は空港時代の友人Oちゃんとお台場で待ち合わせ、話題のデジタルミュージアムに行きました。

 

遅めの昼食は焼肉トラジでランチ定食。

 

やたらサラダが多いんです。

 

アイスキャンディー付き。

 

しっかり腹ごしらえして、お目当のデジタルミュージアムチームラボボーダレスへ。

日曜日、しかも学生さんたちは春休みということで入場するまでに30分以上待ちました汗
 
でも久しぶりに会うOちゃんとなら待つのはちっとも苦じゃありません。
おしゃべりしてたら、あっという間。
 
入場して、荷物をロッカーに預けて、いよいよ中へ…
あらら、暗くてよく見えないわ汗
 
しかも館内地図順路表示もないから、方向音痴の私たちは先が思いやられます。
それでも一人じゃないから心強い。「あっちだ」「いやこっちだ」と言いながら進みます。
 
壁や天井に映し出された映像は迫力があって、しかも変化し続けます。

ちょっと目がチカチカ、頭がくらくらしちゃうきゃぁ~

 

クリスタルの森。

音楽と共にLEDのライトのつらら(?)の色が変化していく様は圧巻合格

不思議な空間に迷い込んだ気分。

 

人気のランプの森は30分待ちでしたが、待ったかいがありました。

この中をさまよい歩きます。

 

ただ床が鏡になっているのでミニスカの女子は要注意!!

でも、ご心配なく。入口の係員が隠すためのストールを貸してくれますよウィンク

 

こちらも刻々と色が変化して幻想的。

 

別の森ではハスの葉をイメージしたオブジェの中を歩いたり。

 

海に見立てた壁には様々な生物が泳いでいます。

 

入場者が塗り絵をするコーナーがあります。

 

そうかひらめき電球ここで塗られた絵が壁に映し出されていたんですね。

動きが付けられて、まるで生きているように見えるから不思議。

 

いろんな仕掛けがあって、観るというより体験するミュージアムです。

ただし、暗いから足元に気をつけなければならないし、広いので結構歩きます。

 

そんな覚悟なしに行ったけれど本当に楽しめました。

非日常の世界にどっぷり浸かるのも悪くないです。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ