ぬくぬくと部分日食観察 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:
昨日は国内で3年ぶりに部分日食が見られるとのことで午前10時前から待機しておりました。
といっても、寒いから外には出ないでリビングでぬくぬくと。
 
日食グラスなどという気の利いた物は我が家にはありません。
そこで小さな穴を開けた白い紙を太陽にかざして、ダイニングテーブル上の紙に映し出しました。
 
それがこちら。
おお、ちゃんと欠けてるじゃないの目
 
夫が紙にいくつかの穴を開けて映してみたら

可愛くてなんだか楽しいにこにこ

 
昔、息子が小学生の頃に社宅の庭で小杉会メンバーのKさんと日食を観察したことを思い出します。
社宅のSさんのご主人が差し入れしてくれた下敷きを使いました。
 
2012年5月、金環日食を観察しようと外に出るとご近所さんが7名ほどいました。
日食グラスを持ってきた方がいて、ときおり貸してもらい観察しました。
 
また、ダンボールに穴を開けた物を持ってきた方のおかげで、同時に全員が変化の様子が見られましたチョキ
まだ先の話ですが12月26日にも日食が見られるとのこと、日食グラス買っちゃおうかな腕組み
 
ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス